※一定の条件を満たす必要がございます。

塾・学習塾を探す

その他のカテゴリから探す

口コミから塾・学習塾を探す

「テラコヤプラス」では、
実際に教室に通っていた・受講していた生徒や保護者の 口コミ・評判を掲載しています。

口コミについて

テラコヤとは

塾・学習塾を探すならテラコヤプラス

「テラコヤプラス」では塾・予備校・家庭教師・オンライン塾など、日本全国の教室を掲載しています。 習い事選びの決め手となる料金や講師情報、実際に通った方々の口コミなど詳しい情報をもとに目的にあった習い事を見つけられます。

テラコヤプラスが選ばれる3つの理由

人気の塾・学習塾の選び方!おすすめポイントを紹介

将来のためにも、塾・学習塾選びは慎重にしたいもの。しかし、いざ選ぼうと思っても、「どこを比較して決めたらいいのかわからない…」という方も多いのではないでしょうか?

塾・学習塾選びのおすすめポイントは、年代や対策・目的別に異なりますが、共通してチェックしておきたいのが以下の6点です。
Check!
  • 1カリキュラム・コース
  • 2授業形式
  • 3料金
  • 4立地
  • 5講師や授業の雰囲気
  • 6口コミ
気になる塾・学習塾が見つかった場合は、無料体験を利用し、実際に校舎に足を運ぶことをおすすめします。そして、できるだけ2つ以上の塾・学習塾の無料体験に参加し、比較してみると良いでしょう。

無料体験生は入塾につながるよう、基本的に手厚い対応をしてもらえる傾向にあります。「良かった・楽しかった」だけで決めるのではなく、次の観点も判断材料にしてみてください。
担当する講師によって差が出にくい塾共通の取り組みや、他生徒の様子を確認してみましょう。普段から集中して授業に取り組める環境かどうかを見極めるポイントになりますよ。

また、生徒や保護者の口コミで気になる点があった場合は、無料体験時に質問してみると良いですね。

ここからは、小学生、中学生、高校生別に塾・学習塾選ぶときにチェックしたいおすすめポイントを解説していきます。

小学生の塾の選び方

小学生の塾・学習塾選びは、まず「中学受験対策」なのか「小学校の授業補習目的」なのかで選び方が大きく変わります。
中学受験対策の場合
中学受験に特化しているコースがあり、他の受験生と学力を比較することができる集団塾がおすすめです。集団塾のほうが個人指導塾に比べ、力量のある知識や経験が豊富なベテラン講師が中心な傾向があるので受験対策にぴったり。苦手分野だけ個別指導塾や映像授業を併用するのも良いでしょう。

また、難関校を目指すなら、塾・学習塾の合格実績も重要なポイント。難関校になればなるほど、特徴的な問題が出題される傾向にあるため、「合格者を多数出している=問題傾向を分析できている」という判断ができるからです。同じ塾・学習塾でも地域によってばらつきがあるので、塾全体と校舎単位の2軸で合格実績を確認することをおすすめします。
小学校の授業補習目的の場合
授業のサポート目的のカリキュラムがある塾で、子どもに合わせた授業タイプを選びましょう
集団授業
協調性があり、競い合うことで成長できるタイプの子どもにはぴったり。ただし、同級生とのおしゃべりの場になってしまうこともあるので「同級生が通っているから」という理由だけで決めるのはおすすめできません。無料体験を通じて、授業内容や教材のわかりやすさをしっかりチェックしましょう。
個人指導
小学校の授業に全然ついていけないという子どもに最適です。講師と一対一に近いかたちなので、自分の学力に合わせた指導をしてもらうことができます。また、集団塾だと萎縮してしまうような内向的は性格の子どもにもおすすめですね。
映像授業
好きな時間に授業を受けることができるので、他の習いごととの併用がしやすいです。自発的に勉強を進められる子どもにはおすすめですが、自分で勉強時間を確保するのが苦手な子どもの場合は、保護者の方のサポートが必要になります。

中学生の塾の選び方

中学生の塾・学習塾選びは、まず、進学を希望する高校に合わせて「中学校の内申点対策が必要かどうか」を考えましょう。
内申点対策が必要ない場合
例えば、難関私立と呼ばれる高校は、当日の試験結果のみで合否を判断する傾向にあるため、内申点対策ではなく、実践的な試験対策をおこなったほうが良いでしょう。 “難関私立高校受験コース”などの志望校別の特化したカリキュラムが組まれている塾・学習塾がおすすめです。
内申点対策が必要な場合
一方、公立高校は内申点と当日の試験結果を合わせて合否を判断するので、内申点対策が大切になります。とくに、偏差値が上位の公立高校は、受験生の多くが共通テストで満点近い点数を取ることが多いので、合否判定に内申点が大きく影響します。通っている中学校のカリキュラムに沿って、定期テスト対策などをしてくれる塾・学習塾が良いですね。

次に、対策・目的に合わせた「授業タイプ」を選びましょう。
高校受験対策
全体で進行する授業についていかなければならないという程よい緊張感や、クラス分けや模試の結果などで他の受験生と比較がしやすく競争意識も芽生えやすいため、高校受験対策なら集団授業がおすすめです。

ただ、高校受験対策はしたいけれど、中学校の授業さえ理解が追いついていない場合は、個別指導が◎。自分がどこでつまずいてしまったのかを講師と一緒に考え、自分のペースで基礎からの見直しができますよ。
難関私立高校対策
難関私立高校を目指すなら、集団授業をメインとしつつ、苦手分野のフォローや集団授業で習ったところの復習として、個別指導や映像授業を併用しても良いでしょう。映像授業は、自分の予定に合わせて時間割を決められるので、部活などで忙しい場合にもおすすめです。

高校生の塾の選び方

高校生の塾・学習塾選びは、まず「大学受験対策」と「大学受験対策以外」で異なります。

大学受験対策が目的の場合は、予備校と塾・学習塾のどちらが自分に合っているかを判断しましょう
メリット
予備校 ・大学受験の合格に目的を絞っているため、効率よく対策ができる
・自分で講師を選ぶことができ、有名講師の講義を聞くことができる
・大学入試の情報が豊富
塾・学習塾 ・予備校の講義形式とは異なり、対話をしながら授業が進行する
・講師と生徒の距離が近く、進路相談なども相談ができる
・小学生や中学生から通っている場合は信頼関係が築けている
予備校は大学受験対策に特化したカリキュラムになっているので、大学受験対策以外の高校の授業補習などが目的の場合は、予備校ではなく塾・学習塾を選んでください
予備校
知識豊富なベテラン講師の質の高い講義を受講することができますが、講師が一方的に解説をする講義形式なので、基本的には講義中に質問などはできません。そのぶん、チューターと呼ばれるサポートスタッフが、講義内容の学習フォローや進路相談などに対応してくれます。
塾・学習塾
授業形式なので、講師と生徒の会話のキャッチボールが多く発生します。授業を通して、個人の学力傾向などを詳しく把握しているため、講師自身が手厚く進路相談などに対応してくれる傾向があります。
近年では、集団授業に通いながら、苦手分野は個別指導や映像授業で克服したり、科目ごとに塾・学習塾を変えているケースが多くなっています。

とくに志望する大学の偏差値が上位になるほど、併用率が高いようです。自分の目的・対策に合わせて、使い分けてみましょう。

塾・学習塾の料金について

小学生・中学生・高校生別に簡単に解説

塾・学習塾の授業料金を以下にまとめました。毎月どれだけの授業料が発生するのか目安としてご覧ください。
塾・学習塾の月額授業料目安(週2回)
集団授業 個別授業 映像授業
小学生 10,000円~20,000円 15,000円~25,000円 4,000円~8,000円
中学生 14,000円~25,000円 20,000円~40,000円 6,000円~10,000円
高校生 20,000円~40,000円 30,000円~50,000円 10,000円~15,000円
受講する教科を増やしたり、夏期講習などの特別講座に参加したりすると、授業料は大きく変動します。とくに高校生であれば年間100万円以上かかることも珍しくありません。

また、上記授業料以外に「初期費用(入塾金・入会金・初期手数料など)」や「教材・プリント費用」が発生することがあります。

教育に関する最新記事

公式Youtube

テラコヤプラス公式YouTube「テラコヤチャンネル」では、今話題の習い事潜入動画やさまざまな教育業界に迫るインタビューを随時更新中!

TOPへ戻る