オンライン授業のやり方が知りたい人必見!【実は簡単!Zoomなどのやり方紹介】

オンライン授業のやり方が知りたい人必見!【実は簡単!Zoomなどのやり方紹介】の画像
コロナウイルスで生活様式が一変した人も多いですが、一番の変化といえば、オンライン化が進むということではないでしょうか。なかでもインターネットを介して遠隔で授業を受けるオンライン教育は、学校の休校が続いたこともあり急速に導入したところが多く注目されています。

急激にオンライン授業の需要が高まる中で、どうしてもやり方がわからない人、オンライン授業って難しそうと感じて苦戦している人も多いのではないでしょうか。


しか
し、Zoomなどのアプリとインターネット環境があればLive配信ができるなど思っていたより簡単で、拍子抜けと思えるほどあっという間にできてしまいます。
オンライン授業をしたい先生に必見の分かりやすい内容になっていますので、是非この機会にオンライン授業のやらず嫌いから来る不安を解消してください。
  1. オンライン授業のやり方は簡単  
  2. オンライン授業のやり方 
  3. 実際にオンライン授業を行った事例紹介(Zoomなど)  
  4. オンライン授業のやり方についてのまとめ

オンライン授業のやり方は簡単  

オンライン授業と聞くと、あまりパソコンに詳しくない人だと「難しい設定がありそうで、私にできるのだろうか?」「いろいろと機器を揃えないとできないのでは?」など不安が多く、一見難しそうに思えるのですが、実は思っているより断然簡単です。

一言でいってしまえば、パソコンもしくはスマートフォン(スマホ)があって、あとはインターネット環境さえあえばオンライン授業はできます。

オンライン授業の敷居は低い  

オンライン授業と聞くと、どうしても敷居が高く感じがちです。


しかし、そもそもオンライン授業とは、直接対面しておこなうものではなく、オンライン上(画面・カメラ越し)で授業をおこなうもので、教師または指導者と生徒・受講者がいればどこでも授業ができます。


つまり学校でおこなっていた授業が遠隔でパソコンやスマホ越しになっただけと考えれば、何も難しいことではないのです。

ツールを使えばオンライン授業は簡単にできる

では、オンライン授業をおこなうにあたって準備しなければいけないものはどんなものがあるのでしょうか。 


(※1)パソコンの場合、スピーカー、マイクが付いていない場合は、それらを別途購入する必要があります。
(※2)Wi-Fi環境がなくとも、スマホのLTE回線でも通信できますが、データ消費が激しいため、すぐに契約しているデータ量が上限にいってしまい、制限がかかり低速になり使えない状態になってしまうため、Wi-Fi環境は必須といえます。


Zoom、Google Meetなどのクラウドミーティングアプリは、双方が同じアプリを入れていないとオンライン授業はできないため、授業をおこなう学校が指定したアプリをダウンロードする形です。

クラウドミーティングアプリには、日ごろコミュニケーションアプリとして利用している人も多いLINEや、FacebookManeger、Skypeなどでも
でき、オンライン授業は、双方がこれらのアプリをダウンロードしていれば可能になります。

オンライン授業のやり方 

続いては、具体的なオンライン授業のやり方を分かりやすく説明していきます。

オンライン授業には大きく分けて2つの方法があります。

まずは、リアルタイムに授業を配信するLive方式と、予め録画した授業を配信する録画方式す。この2つのオンライン授業のやり方について、これから詳しく解説していきます。

オンライン授業の進め方 

具体的に、オンライン授業の進め方をフローに沿って説明していきます。 

次に、オンライン授業に最もメジャーに使われているZoomでの進め方を具体的に説明していきます。

録画での授業方法  

録画方式の場合、あらかじめ録画した授業映像をYouTubeなどの動画アプリにアップロードし、配信しているアドレスを生徒側に教え、あとは生徒が好きなタイミングで動画を観て、授業を受ける形です。

その
ため、両者の時間に縛られることなくいつでも視聴可能な点や、何度でも同じ内容を見て確認することができるメリットがあります。また、公開範囲の設定により、誰もが観られる形ではなく、視聴者を制限することも可能です。

ただ、どうしても生徒は聞くだけの一方向配信になってしまう点と、Live方式に比べると、編集に時間や手間がかかってしまうデメリットがあります。

Liveでの授業方法  

Live方式は、Zoom、Skype、Wherebyといった、ネット回線を利用した両者リアルタイムでの対面授業方法です。

アプリさえあれば誰でも使用可能で、通常の授業と同じようにリアルタイムに進められるので
編集作業などもなく、お手軽に始めることができます。また、生徒の表情や状況などを確認しながら進めることができる点もメリットでしょう。

ただ、一画面に表示できる生徒数が限られるため
、一度に数十人とつながっている場合には生徒の表情を確認するのが難しくなります。また、配信の時間制限や背景が見えて生活感が出てしまう点も、普段の授業とは違ったデメリットです。

Liveでの授業方法:特殊パターン

Live方式の特殊パターンとして、インスタライブ、LINEライブといったSNSアプリによる一方向による大量視聴者へのリアルタイム配信という方法もあります。

これらの場合、大学の授業のような感じで、一斉に大量の人が見ることができ、コメントもできることが大きな特徴です。

ただ、配信者以外映らないため、生徒の表情や状況が確認できないデメリットがあるものの、Zoomなどと同様、スマホがあってアプリを入れればリアルタイムで配信可能なため、誰でも簡単に授業をおこなえるメリットも大きいといえるでしょう。

実際にオンライン授業を行った事例紹介(Zoomなど)  

外出自粛が続き、話題になっているオンライン授業ですが、実際のところは、大学でも全体の半数強、高校では10%強しかオンライン授業がおこなわれていないという実態があります。

その理由としては「
全生徒分のスマホやWi-Fi環境などの機材が揃っていないため、不公平感がでる」、「今までに経験がないので導入には慎重という声が多く、なかなかオンライン授業が進んでいないようです。

オンライン授業となると「なかなかやる気が出ない」、「しっかり聞いていない生徒が出てくるのでは?」というマイナスなイメージを持つ人も多いですが、実際、オンライン授業をおこなった人たちの声にはどんな意見があるのでしょうか。

海外での取り組み事例  

前述どおり、なかなかオンライン授業が普及しておらず、諸外国と比べICT化が遅れていると言われている日本ですが、諸外国のオンライン授業の取り組みにはどのようなものがあるのでしょうか。

世界各国の中でもオンライン授業が進んでいるひとつとされているのが「中国」です。

株式会社クララオンライン コンサルティングサービスが発表した「
第45回 中国インターネット発展状況統計報告」によると、2020年3月までのオンライン教育サービスの利用者数は4憶2296万人との結果が出ています。

中国以外でも欧米を中心にオンライン授業は進んでいますが、まだまだ問題はありそうです。
諸外国で表面化しているオンライン教育の問題点としては、以下のような普及率セキュリティの問題が日本と同様に挙げられています。

オンライン授業のやり方についてのまとめ

今回は、オンライン授業のやり方について解説しました。

この記事を要約すると、以下のようにまとめられます。
まず、オンライン授業を始める前に、Zoomなどのツールを開いてみてください。思っていたより簡単に進みますから、一度サインアップできてしまえば、あとは授業をおこなうだけで簡単にオンライン授業ができますよ。


参考元:株式会社クララオンライン コンサルティングサービス「第 45 回 中国インターネット発展状況統計 」
TOPへ戻る