「セイハ英語学院」などセイハネットワークが運営する英会話教室や体験型英語学習施設の内容とは

「セイハ英語学院」などセイハネットワークが運営する英会話教室や体験型英語学習施設の内容とはの画像

子どもに幼いうちから英語を習わせる家庭は年々増えており、またコロナ禍でオンライン英会話の需要も上がっています。

英語や英会話には、さまざまな教室や指導法がありますが、上達の近道はやはり楽しい体験を通して学ぶことでしょう。

今回は、セイハ英語学院」や「ヒルトップ」などを運営するするセイハネットワーク株式会社の東日本統括本部 英会話事業 関東中央ブロックマネージャーの佐藤 幸子さんにお話を伺いました。

子ども向けの英語スクールを探している方、英会話や英語学習に関心のある方は、ぜひご覧ください。

  1. 子ども英会話教室やオンライン英会話などを展開
  2. 英語学習への興味が深まるイベントも満載
  3. 英会話を通して世界をもっと広げよう!

子ども英会話教室やオンライン英会話などを展開

セイハネットワークの英会話教室の様子

ー本日はよろしくお願いします。まず、セイハネットワーク株式会社が運営する英語・英会話教室について教えてください。

佐藤 幸子さん(以下、佐藤):セイハネットワーク株式会社では、総合教育サービス事業を全国各地で展開しています。

英語教育事業には、30余年の実績をもつ⼦ども専⾨の英語・英会話教室「セイハ英語学院」をはじめ、「ヒルトップ」「UPトーク」などがあります。

「セイハ英語学院」と「ヒルトップ」は、0歳から中学生まで通える⼦ども英会話スクールです。外国⼈講師+⽇本⼈講師がチームでおこなうレッスンで、⽣きた英語を楽しく学べるのが特長です。

0~3歳児クラスのレッスンは、親子で一緒に楽しめます。発話はもちろん、身体運動や意思表示など、子どものいろいろな面の成長を見ることができるのも魅力ですよ。

子どものレッスンでは、実際に使える⽇常会話を重視し、⾃分の考えを述べられる語彙力を身につけていきます。

カリキュラムは年齢ごとのオリジナル教材に沿って、子どもたちの「楽しい」を引き出しながら「聞く」「話す(やり取り・発表)」「読む」「書く」の英語4技能5領域を総合的に伸ばしていく内容です。

また、⾃宅で学習できるアプリIDも配布しています。

当スクールが目標としているのは、⼩学校⾼学年コース修了時に、私⽴中学校の⼀般入試免除対象級である英検3級レベルに達することです。

年に1回英検チャレンジも実施しており、⽣徒は習得レベルに合った級の合格を目指すことで、学習意欲を⾼められます。

そのほか、全国⼤会出場を目指せるスピーチコンテストや、スクール生限定のお得な留学制度、そろばん・ダンス・プログラミング教室とのW受講割引など、さまざまな学びの機会を用意しています。

教室はショッピングセンター内にあるので、通いやすく、お子さんの送迎にも便利です。授業料は完全⽉謝制で振替や転校も無料なので、安⼼して通っていただけますよ。

ー「UPトーク」はどのような英会話教室ですか?

佐藤:「UPトーク」は、フィリピンセブからお届けしているオンライン英会話教室です。

個人向けの「UPトーク」に加えて、学校および法人向けの「UPトークtime」、幼稚園・保育園向けの「UPトークplay」など、さまざまなプログラムを揃えてます。

個人レッスンには、マンツーマンコースや最大4人まで受講可能なファミリーコースがあり、いずれも生徒のレベルに合わせた教育を提供します。

また過去に当グループの教室に在籍したことのある方や、現生徒の家族を対象とした割引制度もありますよ。

学校向けのレッスンは、教育委員会や各学校のニーズに応じた、学習指導要領に準拠した授業をおこないます。教材も、文部科学省検定済教科書会社との業務提携による最適なものを使用しています。

セブオフィスは、フィリピン第2の都市であるセブのなかでも先進的なセブビジネスパーク内にあり、日本と同等のIT環境でのレッスン提供が可能です。

また当社ではフィリピン大学と協力体制をもっており、講師には、教員免許やTESOL(英語教育資格)、TESDA(フィリピンの専門教育・技術認定)の有資格者が在籍しています

またすべての講師が在宅ではなくオフィスに出社してレッスンをおこなっているので、質のよい指導を安定して提供できるのも強みです。

ーそのほかにはどのような事業を展開されていますか?

佐藤:2022年4月、福岡県北九州市⼋幡東区に、西日本エリア初となる体験型英語学習施設「KITAKYUSHU GLOBAL GATEWAY(北九州英語村。以下、KGG)」 をオープンしました

「北九州から世界へ」をキーワードに、「こどもたちの未来に寄与する英語体験」を提供する施設です。

館内はリアルなしかけに満ちあふれた非日常な空間です。空港ロビーを模した施設入口「入国審査場(immigration)」を通過すると、5つのアトラクションが出迎えてくれます。

「KGG Airlines」アトラクションでは、北九州市の航空会社「スターフライヤー」の協賛により、実際に使用されたドリンクカートを設置するなど、航空機のリアルな世界観を楽しめるのが特徴です。

ここで子どもたちは乗客になって、客室乗務員役のイングリッシュスピーカーと、機内で想定される英語のやりとりに挑戦します。

ほかにもホテルやマーケット、レストラン、スタジオなど、本格的な施設が揃っており、日本にいながら、海外の雰囲気や英語だけの世界に浸ることができます。

平⽇はおもに学校・団体対象となりますが、週末や祝⽇は、どなたでも利用可能です。KGG予約サイトでは、プログラムの空き状況のご確認やご予約が可能です。

今後はより多くの方々にKGGを知り、体感してほしいです。そしてここでの体験によって、子どもたちが英語をつかう楽しさや必要性を実感し、学習意欲を高めてくれるとうれしいですね。

英語学習への興味が深まるイベントも満載

セイハネットワークの英会話教室の様子

ー今後、開催予定のイベントなどがあれば教えてください。

佐藤:「セイハ英語学院」と「ヒルトップ」の各教室では毎年夏期に「サマースクール」キャンペーンを開催しています。

同キャンペーンでは、お試し英会話レッスンを2回1,000円で受講できるほか、お試し後1週間以内に入会すると、通常11,000円の入会金が1,100円になるなど、お得な特典が満載です。

また7・8月には小学4年から中学3年のスクール生を対象とした、全国各地の社会教育施設でおこなう1泊2日の「イングリッシュキャンプ」や、北九州で学ぶ2泊3日の「KGG満喫コース」も実施します。

8月に開催する「オンライン留学 セブ」は、フィリピンに行った気分になって楽しめる英会話レッスンです。幼児・小学生が対象で、スクール在籍生以外でも参加できます。

キャンプイベントやオンライン留学の詳細は「2022セイハサマーキャンプパンフレット」ページをご覧ください。

そのほかにも、1年をとおしていろいろな学習イベントを実施しています。過去には短期海外留学プログラムの開催実績もありますよ。

最新のイベント情報は各スクール・施設の公式サイトで随時更新しているので、ぜひチェックして参加してください。

英会話を通して世界をもっと広げよう!

セイハネットワークの英会話教室の様子

ー最後に、読者へ向けてメッセージをお願いします。

佐藤:英語は、21世紀を⽣きるうえで必要な基礎的ツールです。現代では知識としてではなく、⾃分の考えを表現するコミュニケーションツールとしての英語が求められます。

当社で提供しているのは、教室レッスンとオンラインレッスンによる、実際に使える会話を重視した英語学習です。組み合わせ受講も可能で、自宅での予習・復習のサポートもしています。

私たちは、生徒と保護者にとって心地よいサードプレイスとなれるよう、アットホームな教室づくりを目指しています。子どもも大人もセイハで英語を学んで、世界を広げてみませんか。

新しいかたちの体験型英語学習施設KGGにも、ぜひ注目してくださいね。

ー本日は貴重なお話をありがとうございました。

■取材協力:「セイハ英語学院」「ヒルトップ」「UPトーク」「KITAKYUSHU GLOBAL GATEWAY