手芸教室「ユトリ・アート&クラフト」を取材!子どもから大人まで楽しめる手芸の魅力に迫る

手芸教室「ユトリ・アート&クラフト」を取材!子どもから大人まで楽しめる手芸の魅力に迫るの画像

「手芸」と聞くと、一人で黙々と取り組む必要があるため、「集中力が持続しないと難しい」というイメージを持つ方は多いのではないでしょうか。

「ユトリ・アート&クラフト」では、そんな心配はいりません。子どもたちの「好き」を形にする集中力には誰もが驚きます。子どもたちは講師と話し合い、一緒に考え、作品を制作しています。

技術だけでなくコミュニケーション能力の向上につながる指導が意識されています。

今回は、代表の稲垣 有里さんに手芸教室の魅力について語っていただきました。

子どもに手芸を習わせたい、新しい環境へ飛び込ませたいと考えている方はぜひご一読ください。

  1. こどもの時にしか作れない「カワイイ」をつくる
  2. 手芸技術とコミュニケーション能力が向上
  3. オンラインレッスンにも対応
  4. 子どもの魅力を引き出すお手伝い

こどもの時にしか作れない「カワイイ」をつくる

2人の子どもが黄色のTシャツを眺めている写真

ー本日はよろしくお願いいたします。まず「ユトリ・アート&クラフト」の活動内容について教えてください。

稲垣 有里さん(以下、稲垣):
ユトリ・アート&クラフト」は、子どもから大人まで楽しめる染織・手芸教室です。

JR静岡駅から徒歩5分の地下街にあり、全面ガラス張りなのでお稽古の様子を自由に見学していただけます。

染めもの、織りもの、糸紡ぎやフェルト、その他いろいろな手芸のお稽古を子どもクラスとして、毎週火曜日~土曜日の夕方16~18時に開催しています。

講師は染織家としても活動している私をメインに、ミシンや手縫いなど縫製を担当する講師、フェルトや刺繍、編み物の講師がいます。個性豊かな大人たちの中で、子どもたちは家庭や学校とは違う世界を体験できます。

4~12歳の子どもがメインターゲットですが、なかには中学生や高校生の生徒さんもいらっしゃいます。

現在はコロナ対策もあり個別対応(1名もしくは一組)のお稽古なので、ひとりひとりのレベルに合った指導を行っています。

モノ作りやお絵描きが好きなお子さんであれば2歳くらいから始めることも可能です。

例えば年少さんでも、毛糸をぐるぐる巻いて“ ポンポン”を作る場合、「毛糸がまん丸になるまでずっと巻いていってね」と伝えると、本人がイメージする「まん丸」になるまで集中してがんばってくれます。  

自分の「好き」を形にしていくために集中することで、できた!という達成感と作品を一緒に持って帰ることができます

回を重ねるごとに、糸をしっかり結べるようになったり、 ハサミが上手く使えるようになったり、できることがどんどん増えていきます。

私自身も成長していく姿が見られることがうれしくて、制作中の真剣な表情の写真や子どもたちと話した様子などをお稽古後に保護者の方と共有しています。

お稽古は、子どもたちが今しか描けない、毎回が旬の「カワイイ」を形にする場だと思っています。

10歳くらいを境に、うまく描こう!とか恥ずかしいとかいう気持ちが芽生え始め、絵や作品の印象がガラッと変わることがあります。

もちろん、「整えよう」「綺麗にしよう」とする感覚は必要な成長過程ですが、心のままに作っていたカワイイ作品が、高学年になると大人の顔を持った作品へと成長をしていきます。

その成長に合わせて、作品を具現化するための計算をしたり、時間配分を考えて制作したり、自分を表現をするための技術と考え方を育むのに、手芸はピッタリだと思っています。

手芸を習うことで視点が変わり、学校の勉強が楽しくなって、学習意欲も高まったというお子さんもいらっしゃるほどです。

また、子どもたちが使う材料や道具はプロ仕様なんですよ。

基本から丁寧に、大切に扱うように指導をしています。幼い時からできるだけ本物の良さを知ってほしい、きちんとした道具で作ることの気持ちよさを感じてほしいと思っています

手芸技術とコミュニケーション能力が向上

子供が絵を描いている写真

ー小さな頃から手芸を習うと、どんな力が身につくのでしょうか。

稲垣:  一番大事なのはコミュニケーション能力だと思っています。

自分が一生懸命作った作品は誰かに見てもらいたいと思うものです。

アトリエで初めて会う人に自分の作品について説明したり、相手の話を熱心に聞いたり、何でどうやってどんな風に作ったかを共有することで、プレゼンテーション力やコミュニケーション能力の向上が期待できると思っています。

手芸の技術が身につくのはもちろんなのですが、上手い下手よりもそういうことの方が大事だと思っています。

お稽古後に家に帰ってきたら、子どもたちの話をぜひ聞いてあげてください。

自分の頑張ったところやできるようになったことを自分の言葉で、相手に伝わるように説明する姿は作品と共に、子どもの成長を実感できるはずです。

オンラインレッスンにも対応

アトリエ外観の様子が分かる画像 アトリエ外観の様子が分かる画像

ー今後開催予定のイベントがあれば教えてください。

稲垣:
夏休みなどで子どもたちの長期休みの時期になると、草木染めなどの特別レッスンを実施しています。

通常のレッスンは1対1で実施しており、まずはメールでお問い合わせいただければと思いますね。

オンライン予約サイトとも提携しているため、特別授業の告知などは公式HPやSNSを確認してください。

夏休みの特別講座は毎年人気で、草木染めはZOOMでも開講しています。

オンラインレッスンにも対応しており、メールでお問い合わせいただいて日時や内容、回数などを決め、お見積りしています。

材料はご自身で用意されてもいいですし、 ご希望の場合は材料キットを送ることも可能ですよ。

子どもの魅力を引き出すお手伝い

完成した織物を広げて紹介する子どもの画像

ー最後に、読者へメッセージをお願いします。

稲垣:最近では家に針と糸がないご家庭もあるそうです。

そんなご家庭の保護者の方に素朴な疑問として「ボタンが取れたらどうしているんですか?」とお聞きしたら「ボタンはついてない服を買うようにしています」とおっしゃっていました。

時代は変わった…と思いましたが、いつの時代もモノづくりが好きな子どもはいると思います。もし、お子さんが手芸に興味があっても、自分は苦手でお困りの方がいらっしゃったら、ぜひユトリ・アート&クラフトにお越しください。

手芸を通して自分を知り、いろいろな人やものに出会い、一歩ずつ成長する姿を応援したい!

子どもたち自身の魅力を引き出すお手伝いをさせていただたらうれしいです。

ー本日は、貴重なお話をありがとうございました。


■取材協力:ユトリ・アート&クラフト