「佃月島バレエOnes Kids」の特長を徹底解説!質の高い英語とバレエのレッスンスタジオ

「佃月島バレエOnes Kids」の特長を徹底解説!質の高い英語とバレエのレッスンスタジオの画像

習い事を通じて「子どもに体を動かす楽しさを教えたい」と考える保護者の方は多いでしょう。

そんな方は定番のスイミングや球技のほか、候補のひとつとしてバレエ教室を検討してみるのはいかがでしょうか。

今回は、東京都中央区月島で英語とバレエを組みあわせたユニークなレッスンをおこなう「佃月島バレエOnes Kids」代表のKaworu先生にインタビューしました。

小さいうちから始められ、大人になっても趣味として続けられる習い事を探している方は、ぜひ参考にしてみてください。

  1. バレエと英語を組みあわせた「進化系」のバレエスタジオ
  2. 本格的なイベントや発表会を開催!思い出を残せる
  3. 大人になっても長く楽しめる趣味の土台づくりがしたい

バレエと英語を組みあわせた「進化系」のバレエスタジオ

ー本日はよろしくお願いします。まず「佃月島バレエOnes Kids」の特長を教えてください。


Kaworu先生(以下、Kaworu):「佃月島バレエOnes Kids」は2歳半から小学生までを対象にしたバレエスタジオです。

バレエ教室といえば古典的なイメージが強いかもしれませんが、当スタジオはバレエと英語を組みあわせるなど「進化形」の習い事を目指しています。

2歳半から始められるほど最初のハードルを低くしているので、通っているうちにみんながバレエを踊れるようになるんですよ。

また通いやすさ、習いやすさを常に考え、子どもと保護者に寄り添ったシステムづくりを心がけています。

ー料金について教えてください。


Kaworu:最初に入会金として10,000円(税込)をいただいていますが、2022年はスタジオ設立10周年を記念して入会金無料キャンペーンを実施する予定です。

月々の料金は、月謝またはチケット制のどちらかを毎月選べ、レッスンの参加予定日にあわせて損なく通えるシステムになっています。

月謝は週1回の場合で7,700円(税込)、チケット制は4回券で11,550円(税込)です。

そのほか年1回、6,600円(税込)のスタジオ管理費がかかります。ただしスタジオ管理費は月割でいただいているので、入会月以前の経費はかかりません。

また、お友達を紹介してくれた生徒さんに1,000円割引を適用しています。

ー感染症対策はされていますか?


Kaworu:はい。まず保護者の方はスタジオ内に入れません。万が一、新型コロナウイルスの濃厚接触者が出た場合は、レッスンを中止します。

チケットの有効期限は2か月ですが、新型コロナウイルス関連でお休みされたときは無期限延長が可能です。週1回通っている月謝の方は、当スタジオのほか、勝どきスタジオのクラスにも振替で参加できます。

このように体調不良の際は柔軟に対応させていただくので、保護者の方の判断で無理をしてお子さんを通わせないようお願いしています。

ー送迎サービスについて教えてください。


Kaworu:ご希望の方は、保育園から当スタジオまでの送迎サービスを利用可能です。レッスン後は、保護者の方にスタジオまでお迎えにきていただいています。

送迎サービスをご利用されるときは、送迎中に何かあった場合に備え、年間1,000円程度のスポーツ保険加入をお願いしています。

特に働いている保護者の方は送迎サービスをご利用いただき、少しでも負担を減らしていただけると嬉しいです。

「月島バレエOnes Kids」レッスンの様子

ーカリキュラムにこだわりのポイントなどありましたら教えてください。


Kaworu:当スタジオでは「バレエクラス」と「英語でバレエクラス」の2つのクラスを用意しています。

バレエクラスの講師は、日本の三大バレエと呼ばれる「牧阿佐美バレヱ団」のバレリーナです。本格的に教えるので、コンクール入賞の実績も数多くあるんですよ。

英語でバレエクラスは、アメリカ人・イギリス人のネイティブの英語講師、バレエ団員の2人体制で教えるので、英語とバレエを同時に学べます。

英語講師は普段からプレスクールやインターナショナルスクールで教えているプロフェッショナルで日本語もできるので、英語にまったくなじみのない子でも大丈夫です。英語もバレエもレベルの高いものを提供しています。

私たちはバレリーナ育成を目的とせず、「ずっと踊り続けられること」「楽しく通えること」を優先し、生徒が遊び心をもって取り組めるレッスンを心がけています。

普段のバレエレッスンや筋トレを楽しめるように工夫するのはもちろん、ハロウィンやクリスマスのイベントにも力を入れているんですよ。

私たちはバレエを通じて生徒の可能性を発掘し、保護者の方にどんどん提案していきたいと考えています。1つのことに集中して取り組むおもしろさや達成感を味わってもらい、生徒の自己表現力を磨くことで、それぞれのパーソナリティーや強みを見つけたいですね。

ー通っている生徒や保護者の方の反応はいかがですか?


Kaworu:生徒たちは自宅で保護者の方に踊りを見せたり教えたりして、できることが増える達成感を味わい自信をつけています

また月謝かチケット制かを毎月選べたり、2か月後まで振替ができたりと柔軟な対応が「ムダなく通える」と保護者の方から好評です。

発表会の費用についても、ほかのバレエスタジオでは1回10万円ほどかかるところを約5万円で参加できるので、「長く続けられていいね」と喜んでいただいています。

当スタジオの体験レッスンは何回でも受けられるので、たとえば「バレエクラス」と「英語でバレエクラス」のどちらがいいか迷う方はそれぞれお試しできます。もちろん体験レッスンを受けたからといって、必ず入会する必要はありません。

体験レッスン枠は人数制限があるので、翌月までお待ちいただく場合もありますが、随時受け付けているのでお気軽に受けていただきたいです。

本格的なイベントや発表会を開催!思い出を残せる

「月島バレエOnes Kids」発表会の様子

ー今後開催予定のイベントを教えてください。


Kaworu:ひな祭りには、スタジオを桜で装飾してお姫様になって踊るイベントをします。また、夏祭り、ハロウィン、クリスマスのイベントも例年どおりおこなう予定です。

イベントのたびにスタジオを派手に飾り付け、ハロウィンのときは講師陣も本気で仮装するので、生徒たちにも好評なんですよ。

また、今後は踊りを保護者の方に見てもらう機会を積極的につくっていきたいと考えています。

以前にスタジオを600個の風船で装飾し、照明を入れて、衣装やメイクまでやって、本格的につくり込んだ舞台を開いたときは大変好評でした。

保護者の方にしっかり踊りを見てもらえるよう、緊張してパフォーマンスが落ちた子には同じ曲を何回か踊ったり、ごあいさつのおじぎを保護者の方の目の前でやったりしました。

最後に家族写真の撮影タイムを設け、講師側がカメラマンになって写真を撮ったので、よい思い出づくりになったかなと思います。

あとはスタジオ設立10周年目を記念してオリジナルグッズもつくりたいですね。

大人になっても長く楽しめる趣味の土台づくりがしたい

「月島バレエOnes Kids」レッスンの様子

ー最後に、読者の方にひと言メッセージをお願いします。


Kaworu:「佃月島バレエOnes Kids」は、お子さんのやる気アップやレッスンの楽しさ、何かを達成するおもしろさを大切にします。

また、英語を取り入れている点、振替など柔軟に対応できる点、送迎サービスを用意している点など、ほかのバレエ教室にはない強みがあると自負しています。

当スタジオのレッスンを通じて、お子さんの好きなことや得意なことを発見し、才能を見つける手助けや、大人になっても長く楽しめる趣味の土台づくりができると嬉しいです。

興味のある方は、ぜひ体験レッスンから受けてみてくださいね!

ー本日は貴重なお話をありがとうございました!


■取材協力:佃月島バレエOnes Kids