勉強に集中する10の方法【臨床心理士監修】解決策を紹介!

勉強に集中する10の方法【臨床心理士監修】解決策を紹介!の画像

勉強したいのになかなか集中できない!そんなとき、ありませんか?

勉強に集中するには、ちょっとしたコツがあるのです。

今回は、メンタルヘルスケアサポートのための専門家組織「アウラ心理教育センター」の代表取締役であり臨床心理士の本多公子さんに監修していただきながら、勉強に集中する方法を紹介。

記事の後半では、勉強が集中できるアプリやグッズも紹介しているので、勉強になかなか集中できないという方は要チェックです!

  1. 勉強に集中できないのはなぜ?その理由を徹底解説
  2. 勉強に集中する10の方法|臨床心理士の解説付きで紹介!
  3. 勉強に集中できないときにおすすめのアプリ6選
  4. 勉強に集中できないときにおすすめのグッズ・アイテム10選
  5. まとめ

勉強に集中できないのはなぜ?その理由を徹底解説

勉強をしている人の画像

まずは勉強に集中できない理由について知っておきましょう。

十代のメンタルヘルスケアに詳しい本多さんによると、勉強に集中できないのは「エネルギー不足」が原因なのだとか。

ここでは、勉強に集中できるかできないかを左右する「脳のエネルギー」、「身体のエネルギー」、「心のエネルギー」について、本多さんに詳しく解説いただきました!

脳のエネルギー

脳のイラストが描いてあるサイコロの画像

まずは、脳のエネルギーについての解説を見ていきましょう!

勉強前にちょっとだけチョコレートを食べる、朝ごはんをしっかり食べるなど、スタートダッシュには欠かせませんね。

糖質は体内で最終的にブドウ糖(グルコース)などに分解され、脳のエネルギーとなります。

身体のエネルギー

コーヒーを飲みながら読書をしている女性の画像

身体のエネルギーに気を付けることは、どのくらい大事なのでしょうか?

授業を聞くために長時間座っているだけでも体力がいりますよね。

座っているだけでなく、教科書を読む、文字を書くなど勉強に必要な動作は、思った以上に体力が必要となります。

心のエネルギー

整理整頓されたデスク周りの画像

勉強に集中するにはやはり心のエネルギーも大事とのこと。解説を見ていきましょう。

私たちは、スマートフォンや音楽など、好きなことは自然と気になりますよね。

ただ、勉強に集中するためには「気になるもの」から距離を置くことが大事なのだそう。

そして、日頃からさまざまなことに興味を持ち、感動することで心が豊かになりますよね。 

この「好奇心」や「感受性」も心のエネルギーの源です。

勉強に集中する10の方法|臨床心理士の解説付きで紹介!

詰まれた本とノート、ペンの画像

ここでは、勉強に集中するための3つのエネルギーを上手に補って、勉強に集中する10の方法を紹介。

本多さんに、「脳のエネルギー」、「身体のエネルギー」、「心のエネルギー」の3つにアプローチする方法を教えていただきました。

本多さんの解説を踏まえ、チェックしていきましょう!

充分な“脳のエネルギー”によってひらめく有効な計画

脳のイメージ画像

まずは、脳のエネルギーを効率よく稼働させて勉強の集中力を保つ方法を紹介していきます!

① やるべきことをリストにする

TODOリストの画像

何をやればいいのかわからない。そんな状態では、勉強が思うように進まず、集中力も途切れがちになりますね。

まずは、やるべきことをリストにしてみましょう!

② やりたいことをリストにする

チェックリストにチェックを入れている画像

勉強に集中するために、やりたいことを諦める必要はありません。

大切なことは、まず勉強をして、それができたら自分へのご褒美としてやりたいことをやる、ということ。

集中して勉強をしたあとに大好きなことをやると、達成感も大きいですよね!

③ 具体的な勉強のスケジュールをたてる

スマートフォンとスケジュール帳と腕時計の画像

勉強のモチベーションを保つためにも具体的なスケジュールを立てるのはよさそうですね!

勉強時間を決めることで、集中して取り組むことができることでしょう。

“身体のエネルギー”を蓄えて、継続的に集中する

お皿の上にのあっている時計とカトラリーの画像

継続的に勉強に集中するためには、身体のエネルギーを蓄えることも大事だと先述しましたね!では、どのようにして体のエネルギーを蓄えていけばよいのでしょうか?

④ 朝ごはんを毎日しっかり食べる

朝ごはんの画像

起きる時間が遅く、朝ごはんを食べることなく登校する方もいるのではないでしょうか。

身体のエネルギーを蓄えるために、朝ごはんで血糖値を上げて活動的な1日を送りましょう。

⑤ 良質な睡眠をとる

睡眠を表わすイラスト画像

週末にたくさん寝る「寝溜め」をすればよいと思っている方もいますが、それでは質のよい睡眠をとっているといえません。

毎日規則正しい生活をするよう、心がけましょう!

⑥ 集中(緊張)とリラックス(ゆるみ)の時間を組み合わせる

窓を開けてリラックスしている女性の画像

集中して勉強していても、時間が経つにつれ、しだいに効率が落ちてきます。

ときどき休憩をはさみ、メリハリをつけることで勉強も捗ることでしょう。

また、ポモドーロテクニックという時間管理術もおすすめ。

ポモドーロテクニックは気軽にすぐ始められるのがポイント。5分休憩の際には深呼吸をして気分転換をしましょう。

ぜひ明日からトライしてみてくださいね!

豊かな“心のエネルギー”で、モチベーションを維持する

本の上に置かれた赤いハートの画像

脳や身体だけでなく、心のエネルギーを豊かにすることも欠かせません。そこで、豊かな心のエネルギーを育てるための方法を伺いました。

⑦ 何があっても、毎日10分は集中して勉強をする時間を確保する

ノートと鉛筆と時計の画像

疲れていたりすると、勉強が後回しになりがちですね。

しかし、そんな日でもとりあえず机に向かうようにしましょう。

「10分でよいので勉強してみる」この継続が自信につながります。

⑧ [450問を3ヵ月でやり終える]ときのスケジュールの立て方

カレンダーのPCとペンの画像

計画を立てるときは、先の見通しが悪く無理なスケジュールを立ててしまうこともあるでしょう。

しかし、無理なく実行できる計画でなければ、途中で挫折してしまいます。

計画を立てるコツは、時間的に余裕を持たせるための「余白」をつくること。

余白が必要となる理由は、毎日同じ量の勉強ができるとは限らないためです。

「そもそも予定は狂うもの」という前提で計画を立てることが、余白をつくることになるのだそう。

余白があれば、計画に追い詰められることもなくストレスが溜まりにくくなります。

もし勉強できない日があったら、ほかの日で調整すればいいのです。これなら実行できそうですね!

ちなみに、この方法には大きなおまけがついてくるのだとか。

それは、問題を解き進めて1週間分の付箋をはがすときの達成感。

1ヵ月分の付箋をはがすときには、「達成感が積み重ねられている」ことを実感できることでしょう。

⑨ お気に入りの手触りのグッズを身近に置く

積み重ねられたタオルに手をのせている人の画像

効率よく勉強するためには、自分にとって勉強しやすい環境をつくることが大切。

お気に入りの手触りのグッズを身近に置いてみましょう。

⑩ もっとも大切な方法!自分だけの勉強集中スタイルを見つける

勉強をしている学生の画像

最後に、勉強に集中できるようになるためのもっとも大切な方法が「自分だけの勉強集中スタイルを見つける」こと。

もし、歌詞が頭に入ってきて集中できないことに気づいたならば、インスツルメントな曲に変更して再び3日間試してみましょう。

こうして試し続けた結果、「机から離れたところに置いたスマートフォンから、かすかな音量で曲を流していると安心感があって集中できる」と気づきます。

この、自分なりの集中ポイントを発見することが大事

集中スタイルはさまざまです。もっとも大切なことは、これらのコツを使って自分だけのスタイルにカスタマイズすること。

トライアルアンドエラーを続けていくことで、自分スタイルが見つかることでしょう。さっそく試してみてくださいね!

勉強に集中できないときにおすすめのアプリ6選

ノートとペンとスマートフォンの画像

ここからは、勉強に集中したいというときにおすすめのスマートフォンアプリを紹介します。

工夫を凝らしたアプリをピックアップしたので、ぜひ使ってみてくださいね!

スマホをやめれば魚が育つ

勉強していても、ついついスマホをいじってしまいますよね。

そんな方におすすめなのが、スマートフォンをいじらず、放置すればするほど魚が成長するというこちらのアプリ。

スマートフォンを放置している間、魚がいろいろなアイテムを収集。しかし、自分で決めた放置時間内にスマートフォンを触ると、そのアイテムがすべて消えしてしまいます。

放置する時間は自分で決められるので、あなたのペースで放置することが可能。

勉強に集中すればするほど楽しめるアプリです。

▶アプリの詳細はこちら

Forest-集中力を高める

スマートフォンに触らない時間が長いほど、木が育つアプリ。このアプリの特徴は、本当に木が植えられること。

集中した時間ごとにもらえるコインで、花が咲く木をもらえたり、植樹をしている団体に寄付できたりします。

ひとりでは不安という方は、友だちと協力し合える機能もついているので友達同士で楽しめますね!

▶アプリの詳細はこちら

集中|勉強・仕事用タイマー

先述したポモドーロテクニックを使って効果的に集中時間をつくれるアプリ。

タイマーで集中する時間を決め、終わったら休憩。このパターンを繰り返します。

集中した時間はグラフに記録されるので、これまでの実績も視覚的に確認することが可能。

そして、イラストとユーモアのある言葉で、頑張ったあなたを褒めてくれるユニークな機能もあります。

「集中のコツ」などのコラムなどもあるので、休憩時間に読むと気分転換になることでしょう。

▶アプリの詳細はこちら 

FLIP-集中力 UP!スタディータイマー

スマートフォンをひっくり返すだけで勉強時間が計測できる、シンプルなアプリ。

今までの記録も見られるので、自分の集中力も客観的にわかります。

また、プロフィールで学校を登録できるのも、このアプリの特徴。

学校内ランキングが出るので、テスト勉強のときなどに友だちと競ってみるのも楽しいですね!

▶アプリの詳細はこちら

Tide:睡眠音と集中タイマー

シーンとした静かな部屋では、逆に落ち着かないということがありませんか?

このアプリは、集中時間を測り始めると同時に、ヒーリング効果のあるBGMや環境音が流れてきます。

邪魔にならない程度の音が、集中力アップに効果的。

集中するときだけでなく、仮眠や就寝の際にもおすすめ。心地よい音を聞きながら眠ることができます。

▶アプリの詳細はこちら

Focus To-Do

このアプリの特徴は、「タイマーによる時間管理」と「ToDoリスト」がひとつになっていること。

やるべきことをToDoリストに登録して、集中時間を管理しながら勉強ができます。

ToDoリストは、毎週月曜日のように繰り返し設定することも可能。

また色分けすることもできるので、やるべきことが一目瞭然です。

このアプリなら、休憩時間を上手にはさみながら、計画的に勉強ができますね!

▶アプリの詳細はこちら

勉強に集中できないときにおすすめのグッズ・アイテム10選

ストップウォッチや付箋などが散らかっている画像

スマートフォンアプリの次は、勉強に集中したいときにおすすめなグッズを紹介していきます。

五感にアプローチするアイテムを中心にピックアップしたので、ぜひチェックしてみてくださいね!

elesories ホワイトノイズマシン

ホワイトノイズとは、すべての周波数で同じ強度となるノイズのこと。

ホワイトノイズには、騒音を聞こえにくくするマスキング効果があります。

集中力を高めたいときにこちらを流しておくと効果的。

このマシンにはタイマー機能がついているので、一定時間しっかりと集中できます。

▶商品の詳細はこちら

wolka タイムロッキングコンテナ

勉強していても思わずスマートフォンが気になってしまう、そんな方のためのグッズです。

スマートフォンをプラスチックケースに入れて鍵をかけ、タイマー時間を設定。一度時間を設定したら、その時間まで絶対開けられないというもの。

スマートフォンがなければ、勉強をするしかありません。半ば強制的に勉強に集中させるアイテムといえるでしょう。

ケースが大きいので、機種によってはiPadもロックできます。

▶商品の詳細はこちら

AirPods Pro

勉強に集中するのにノイズキャンセリング機能のあるイヤホンは効果的。

ノイズキャンセリングとは、イヤホンの外から入ってくる音の波動をデジタル処理で消し去る仕組み。

音楽を聴いていなくても、ノイズキャンセリング効果で耳に入る音をシャットアウトしてくれます。

この機能があれば、勉強に集中できますね!

▶商品の詳細はこちら

Meteors® メテオ 発泡ウレタン製使い捨て耳栓

低反発ウレタン素材を利用した柔らかい耳栓。

さまざまな耳栓のなかでも、トップクラスの遮音性能を誇るのだそう。

耳に耳栓がフィットしていくにつれ、次第に外の音が遮断されていきます。

使い捨てなので、気軽に使えますね!

▶商品の詳細はこちら

シリコーン ゴム ボール

10cmくらいの大きさのシリコーン製ゴムボール。

握るのにちょうどよい大きさで、柔らかい感触がでストレス解消に効くグッズです。

疲れたときにや集中力がないときに、このゴムボールを触ったり握ったりしてみてください。

リラックスできて、集中力を高めることができますよ!

▶商品の詳細はこちら

Hanaure Fidget Cube フィジェットキューブ

Fidget Cubeは、ストレス解消を目的としたデスク玩具。

サイコロ状の各面にあるボタンやスイッチをいじることで、集中力を高めることができます。

ボタンやスイッチは、音が鳴ったり、回転したり、クリックできたりと、さまざまな仕掛けがあります。

指先でグリグリいじるとストレスが発散され、集中力アップに効果的。

▶商品の詳細はこちら

桐灰化学 あずきのチカラ 目もと用

一生懸命勉強していると、目が疲れて集中力がなくなることがありますよね。

そんなときは、「あずきのチカラ目もと用」を使ってみましょう。

この商品は、このあずきの効果を利用して、疲れをほぐしてくれるというもの。あずきは昔から、体を温めるものとして使われてきました。

使い方は、電子レンジで温めて目の上に乗せるだけ。繰り返し使えるので、経済的ですね!

▶商品の詳細はこちら

Mavogel アイマスク

集中力が続かないときには、仮眠も効果的。とはいえ、明るい昼間に寝ることは難しいかもしれません。

そんなときは、遮光性に優れたMavogelのアイマスクが便利。

モダールと柔らかい純綿織物の生地からできており、通気性にも優れています。

アイマスクがあれば、ちょっとした睡眠に便利ですね!

▶商品の詳細はこちら

kotoha - kotobo(ホワイト) 時間管理 IoTボタン

勉強開始したときに押すと、上述したポモドーロテクニックにしたがって休憩や勉強再開のタイミングを教えてくれるアイテム。

勉強開始のタイミングで、kotoboをポンと押すことで、気持ちの切り替えが図れます。

勉強や休憩の時間は、ウェブアプリに自動的に記録されます。

▶商品の詳細はこちら

Tihoo デスクトップ掃除機

本やノートを整頓してみたものの、机の上にはまだ消しゴムカスが散乱していた、ということありませんか?

「きれいにしたいけれど掃除が面倒…」そんなときに活躍するのが、デスクトップ掃除機です。

ちょっとした掃除に便利なので、休憩時間にぴったり。きれいな机で集中力もアップしますよ!

たまったゴミも簡単に捨てられるのでとても便利です。

▶商品の詳細はこちら

まとめ

今回は、勉強に集中する方法を紹介しました!おさらいをすると…

なかなか勉強に集中できない…という方は、本多さんの解説を思い出し、今回紹介したアプリやグッズなどを使いながら実践してみましょう!

TOPへ戻る