「学習空間COCO ROOM」は個々の課題に最適化したカリキュラムを作成!

「学習空間COCO ROOM」は個々の課題に最適化したカリキュラムを作成!の画像

子どもたちはそれぞれ個性が異なり、成績も違えば目標も違います。

そこで栃木県宇都宮市にある「学習空間COCO ROOM」では画一的な指導をおこなうのではなく、生徒一人ひとりの課題に応じた最適なカリキュラムを作成しています。

これにより、生徒たちは最短距離で目標を達成できるでしょう。

今回は、校長経験者であり、教育のプロでもある講師の白鳥 信義さんにお話を伺いました。

子どもの個性を大切に、性格や得意、不得意に寄り添って指導してくれる塾を探している方はぜひご覧ください。   

  1. 課題に応じたカリキュラムを個々に作成
  2. 子どもの目線で生徒をサポートしたい
  3. 探究型学習や読書のコースを立ち上げる予定
  4. 子どもが自力で学んでいけるようにしたい

課題に応じたカリキュラムを個々に作成

学習空間COCO ROOM

ー本日はよろしくお願いいたします。まずは「学習空間COCO ROOM」がどのような塾なのか、概要を教えてください。

白鳥 信義さん(以下、白鳥):「学習空間COCO ROOM」は栃木県宇都宮市にある、小学生から高校生まで幅広い年代を対象にした少人数制の自立型学習塾です。

生徒はそれぞれ、算数や数学を伸ばしたいとか、志望校に合格するために勉強したいとか、一人ひとり異なる課題を持っています。

その課題に応じたカリキュラムを個々に作って指導するところが特徴です。

また、デジタル教材を活用したオンライン授業を開いており、塾に通わなくても在宅で勉強できるような、ホームスクールのような形態もあります。

-COCO ROOMのほかにはない強みはどのようなところにありますか。

白鳥:経験豊富な教育のプロである講師陣が自慢です。

たとえば私自身も、中学校の教員を長くやっており校長も経験しました。

また、その後東京の中野にある帝京平成大学で小学校の教員になる学生たちの養成課程の教員もしていました。

さらに、大学入試の作問を担当するなど、高校入試や大学入試に精通しており、現実に沿った指導が可能です。

ほかにも心理学を専攻した若手の講師が在籍しており、2人で協働して子どもたちの心理的な面もケアしながら指導しています。

塾生は定期テスト対策や夏期講習などを無料で受講できるのも好評です。

通常、夏期講習や冬期講習は別料金で受講にはそれなりに高い料金が必要になりますが、COCO ROOMは塾生なら無料ですので気軽に参加できるでしょう。

なお、塾生でない外部の方は有料になります。   

子どもの目線で生徒をサポートしたい

学習空間COCO ROOM

ー指導するうえで特に心がけていることはありますか。

白鳥:先述の通り、一人ひとりの課題に対して個別に対応しています。

といっても一度こうと決めたらそれを貫くのではなく、常にどのように進めればよいのかを考え続け、もっとうまくいくやり方があればそちらに変えるなど柔軟に対応していますよ。

また、基本的に子どもの目線で考えることを重視しています。

おそらく一人で勉強できる子どもは塾に来ておらず、塾生は皆、何かしらの弱点や課題を抱えてきているはずです。

そこでこれまでの教員経験を活かし、大人として上から物事を考えて指導するのではなく、子どもがなぜ困っているのか、悩んでいるかを子どもの立場に立って考えてサポートやお手伝いをできるようにしています。

ーカリキュラムと料金について教えてください。

白鳥:カリキュラムは一人ひとりの現状の学力と目標にあわせて最適なものを作成しています。

画一的なカリキュラムではないので、それぞれの目標に対して最短距離でたどり着けるでしょう。

料金は他塾に比べると低めに設定した、安心価格です。

詳しい料金についてはこちらをご覧ください

単に手ごろなだけでなく、たとえば中学生ですと部活動で忙しいときもあるでしょうから、急に都合が悪くなって休みたいというときには無料で振替に対応するようにしています。(無断欠席は振替なしです。)

お支払いいただいた料金に対して無駄なく指導を受けられますよ。

探究型学習や読書のコースを立ち上げる予定

学習空間COCO ROOM

ー今後の展望について教えてください。

白鳥:探究型の学習コースをぜひ開きたいと考えています。

「探究型学習」とは新しい学習指導要領でも重視されている、受け身で勉強するのではなく、自ら学び自ら考える力を育てる学習のことです。

理科や社会をテーマに学ぶことの面白さを体験できるような学習コースを開設したいと考えていますので、ご期待ください。

また、読書を通じた学びを提供したいと考えています。

多くの学校で朝の読書の時間が設けられていますが、私が校長時代に赴任した学校も含め、残念ながら読ませるだけのところがほとんどです。

読むことももちろん重要なのですが、読んだ内容をほかのことと関連付けるとか、感じたり疑問に思ったりしたことを友だちやクラスで共有するとか、そういう振り返りがより重要だと思います。

それを積み重ねていくことで、今問題とされている読解力の向上につながっていくのではないでしょうか。

そして、小手先の受験用の技術ではなく本物の読解力が身につけば自ら学んでいけるようになり、たとえば大学受験であろうが社会に出てからであろうが問題なくこなしていけるようになるはずです。

このため、COCO ROOMでも小学生を対象に読書指導のコースを立ち上げたいと考えています。

ー無料体験を受けることはできますか。

 白鳥:はい、無料体験はいつでも受け付けています

小中学生は2週間、高校生は1週間体験することができ、そのなかでさまざまなものを試しCOCO ROOMのよさを知っていただくことが可能です。

1日だけの体験授業よりもよりリアルかつ多彩な面を知ることができますので、入塾してからこんなはずではなかったと思うことなく勉強に集中できますよ。   

子どもが自力で学んでいけるようにしたい

学習空間COCO ROOM

ー最後に入塾を検討している読者の方へメッセージをお願いします。

白鳥:学習で大切なのは、最終的には子ども自身が自分自身の力で学んでいけるようになることです。

そして、塾の役目はその後押しやアドバイスをすることだと考えていますので安心してお任せいただけるでしょう。

そのためには教育のプロの存在が欠かせませんが、COCO ROOMには校長も経験した教員経験者や、心理学を学んだ講師が在籍しています。

どうすればよく学べるようになるのかを詳しく知っている講師が指導しますので、子どもの成績アップや将来の目標達成により早く近づけますよ。

ただ、即効性よりも本質的な部分の学習を重視していますので、入塾後1カ月で効果が出るかは生徒次第の部分があります。

しかしながら、少なくとも3カ月から半年ほど見ていただければ効果を十分わかっていただけるでしょう。

ご興味がありましたらぜひ無料体験に来ていただけるとありがたいです。

ー本日は貴重なお話をありがとうございました。

■取材協力:学習空間COCO ROOM