「堀コーチング」は勉強が苦手な子どもの味方!とにかく“ほめる”指導内容とは?

「堀コーチング」は勉強が苦手な子どもの味方!とにかく“ほめる”指導内容とは?の画像

勉強が得意でない子どもは保護者や先生に怒られ続けることで苦手意識ができてしまい、“勉強”と聞いただけで拒否反応を起こしてしまう子どもも少なくありません。

そんな子どもの気持ちが自分のことのようにわかると話すのが、自身も勉強が苦手だったという「堀コーチング」代表の堀 哲史さんです。

堀コーチングは勉強が苦手な生徒専門の補習塾であり、不登校や学習障害などを持つ生徒についてもメンタル心理カウンセラーや不登校訪問支援カウンセラーの資格を活かして対応しています。

勉強が苦手な子どもを持つ保護者の方は、ぜひご一読ください!

  1. 勉強が苦手だったからこそ生徒に寄り添える
  2. スキルよりも熱い思いを持つ人材を重視
  3. 無料体験レッスンは随時受付中
  4. 生徒を思う気持ちは誰にも負けない

勉強が苦手だったからこそ生徒に寄り添える

堀コーチング

ー本日はよろしくお願いいたします。まずは「堀コーチング」がどのような塾なのか教えてください。

堀 哲史さん(以下、堀):「堀コーチング」は神奈川県横浜市旭区にある、勉強が苦手な生徒専門の補習塾です。

授業の形態は1対1または1対2の個別指導、およびオンライン授業をおこなっています。

小学生と中学生向けの個別指導と、オンライン授業は小中学生に加えて全国の高校生と社会人向けのオンライン授業もあります。

教科は算数・数学が中心ですが、他教科も対応可能です。

大学時代に塾講師のアルバイトをしていましたが、講師たちの会話のなかで「なぜこれができないのだろう?」といった発言を聞くこともありました。

先生方の多くは高学歴で、子どもの頃からかなり勉強ができる方だったのでそのように思われたのかもしれません。

ところが、勉強ができなかった私は似た箇所ができず、苦手だった経験がありました。

だからこそ、私は勉強が苦手な子どもに寄り添うことができるのではないかと感じていました。

また、勉強が苦手な子どもは日によって勉強がしたくないこともあるのですが、そんなときに周りの先生は「ここまでやらないと今日は帰れないよ」といったふうに、頭ごなしにやらせていることも…。

私はそんなときは授業をせずにその子どもの話をとことん聞いてあげていたんです。

すると逆にすっきりしたようで子どもの方から、「今日はたくさん話を聞いてもらったから、たくさん宿題出していいよ」とか、「家でしっかり勉強してきます」といってくれることも珍しくはありませんでした。

これらの経験を通して、生徒の気持ちに寄り添うことの大切さを学んだと思います。

うまく信頼関係を築いたほうが特に勉強があまり得意でない子どもにとってはよいのではないかと考え、メンタル心理カウンセラーや不登校訪問支援カウンセラーという資格を取得し、生徒の心のケアができるよう準備しました。

最初は保護者の方に連れられて、嫌々堀コーチングへ来た子どもも少なくありません。

そんな子どもたちに最初の授業では、趣味や好きなものを聞くんです。

そして、それについて調べて、その生徒が興味を持っているものについて一緒に話せるようにするなどして、うまく信頼関係を築けるよう意識しています。

ー他社にはない「堀コーチング」の強みはどういったものでしょうか?

堀:
今お話したように、私自身が勉強が苦手だったため、勉強が苦手な子どもの気持ちが自分のことのようにわかることが一番の強みだと思います。

また、勉強が苦手な子どもは先生や保護者からほめられた経験が少ない傾向にあります。

どちらかというと、「もっと勉強しなさい」とか、「なぜこんな点数を取ってくるのか」とか、叱られた経験のほうが多いのではないでしょうか。

そこで私は「ほめる達人検定3級」という資格を取り、勉強ができない子どもに対して徹底的に「ほめる」ことにしました。

うまくほめることで、やる気と自信をアップすることにつなげられると考えています。

ほめることを重視しているのも堀コーチングの強みでしょう。

スキルよりも熱い思いを持つ人材を重視

堀コーチング

ー堀コーチングの講師について教えてください。

堀:現在は、私ひとりで運営していますが、私自身が理系のため、今後は文系の講師を採用したいと考えています。

採用の際に重視するのは学力よりも、目の前にいる生徒をなんとかしたいという気持ちがあるかどうかです。

講師になってもはじめはうまく教えることができないかもしれませんが、それでも「この子をなんとかしたい」という気持ちは生徒に必ず伝わります。

すると生徒もその気持ちに応えようとしてくれるので、スキルよりも熱い思いがある人を採用したいですね。

ー指導のカリキュラムと料金について教えてください。

堀:カリキュラムは学校の補習を中心に、学校の成績や内申点を上げることを重視して指導しています。

学校で出たレポートの宿題がわからないから手伝ってなど、塾主導というよりは学校を柱にそれを補う形でやっていきたいです。

料金についてですが、堀コーチングでは入会金や設備費といった費用をいただいていません

教材は用意していただく必要がありますが、基本的には授業料以外の料金は取らず、明確な料金体系であることが自慢です。

具体的には、下表のようになっています(金額はすべて税込)。  

コース 小学生 中学生
1:2コース(1コマ50分) 1,800円 2,500円
1:1コース(1コマ50分) 2,400円 3,300円
オンライン個別指導(ZoomまたはSkype、60分あたり) 2,500円
不登校訪問支援カウンセリング+個別学習指導(60分あたり) 3,300円+交通費


授業料割引に加えてQuoカードのプレゼントがある友人紹介割引や、毎月の授業料が割り引かれる兄弟姉妹割引もありますのでぜひご利用ください。

授業料は月ごとの後払いで、体調不良や予定変更の場合は当日1時間前まで振り替えできますよ。

無料体験レッスンは随時受付中

堀コーチング

ー今後予定しているイベントについて教えてください。

堀:堀コーチングはアットホームな塾を目指しており、コロナ禍が落ち着いたらイベントをやりたいと考えています。

具体的にはクリスマスパーティーや勉強合宿など。

無料体験授業は随時受け付けていますので、ぜひお気軽にお申し込みください。

やはり私と相性が合う合わないは大事な部分ですので、無料体験授業で色々と質問していただき、見極めていただければと思います。

生徒を思う気持ちは誰にも負けない

ー最後に読者の方へメッセージをお願いします。

堀:堀コーチングの生徒をなんとかしたいという思いは誰にも負けません

勉強が苦手だったり、嫌いだったり、やる気や自信がなかったりする子ほど私自身が燃えますので大歓迎です!

勉強が苦手な子どもはそれだけ成長が実感できることも多いですし、そこから自信を付けることもできます。

オンライン授業で、最初は不安で緊張していた生徒たちから、「どんどん楽しくなってきました」という感想をもらうんですよ。

それに、「わかりやすくて面白く、嫌いだった数学が好きになりそう」といってくれる生徒もいます。

また保護者の方からは、勉強が嫌いだった子どもが問題を解くことの楽しさや、できたときの喜びをはじめて味わうことができた。学習習慣が身についてきており、今後の成長が楽しみだという感想をいただきました。

不登校や学習障害などでお悩みの方もぜひお気軽にご相談ください。

全力でサポートしますので、一緒に頑張りましょう!

ー本日は貴重なお話をありがとうございました。

■ 取材協力:堀コーチング