「毎日個別指導SUNDAY」通い放題&低料金で効率的に学力アップを目指す!

「毎日個別指導SUNDAY」通い放題&低料金で効率的に学力アップを目指す!の画像

学校の授業対策や受験対策に個別指導塾をお探しの方のなかには、受講する科目を増やしたり毎日通うとなると料金が気になる…という方もいるのではないでしょうか。

岡山県倉敷市にある「毎日個別指導SUNDAY」は、小学生から高校生を対象に定額制で通い放題の個別指導塾。映像授業だから自分のペースで学習を進めることができます。

今回は「毎日個別指導SUNDAY」塾長の白神 雄亮さんに、指導内容や強み、料金などについてお話を伺いました。

倉敷市で塾を探している方、効率的・経済的に受験対策をしたい方は、ぜひご覧ください。

  1. 定額制&低料金で通い放題の個別指導塾
  2. 生徒が「この先生がいるから頑張ろう」と思える講師を採用
  3. 効率的に志望校合格を目指すカリキュラム
  4. 小学生向けに「速読」と「プロクラ」のコースを導入予定

定額制&低料金で通い放題の個別指導塾

「毎日個別指導SUNDAY」の教室内画像

ー本日はよろしくお願いします。まずは「毎日個別指導SUNDAY」がどのような塾なのか概要を教えてください。

白神 雄亮さん(以下、白神):「毎日個別指導SUNDAY」は、通い放題の個別指導塾
です。中学生を中心に小学生から高校生までを対象に、従来の先生が1対1、1対2でついて、指導をするというものではなく、基本は映像授業と1対1で指導をしていきます。

指導を誰がするかというよりも、生徒のやる気によって成績が上がるというふうに考えていますので、先生の役割としてはわかりやすく授業をするというよりかは生徒が授業を受けるためのモチベーションをつくってあげたることを第一に、
チューターのような先生が、進路の確認やモチベーションの管理をおこないます。

通い放題にしても塾が嫌な場所だったらなかなか通ってもらえないので、生徒が「また塾に行きたい」と思えるような塾を目指しています。

ー他社にはない「毎日個別指導SUNDAY」の強みを具体的に教えてください。

白神:
まず料金面については、1コマいくらという料金設定ではなく定額制なので、比較的通いやすいというのと、長期休暇の講習についても他の個別塾と比べて通い放題の分、料金は抑えられてくるというのがあります。

どの塾も「講習期はこのくらい通った方がいいですよ」とか、「今の志望校であれば、こういうプランをご提案します」といった形でけっこう高額になるところが多いですけれども、当塾に関しては講習はプラス1か月分の料金設定にしているところがあります。

教務面に関しては、1対1や1対2で教えている塾がほとんどのなかで、映像を使った塾というのは、この辺りの地域ではまだまだ新しい取り組みです。

地方だといい先生が集まりづらいというのが都心部に比べてありますが、塾を開校するにあたって、映像でいい先生の授業を受けさせたい、という想いがありました。ですので、先生の質が統一されるというか、質のいい授業を受けることができるというのも強みだと思っています。

また、映像なので置いていかれるということがなく、もしわからなかったら映像を止めて、1回戻って聞くことができます。

先生に聞き直すこと自体が生徒にストレスがかかって「まあいいか」となりがちですが、映像だとノンストレスで簡単に前の学習に戻れ、わからないところをクリアにできるという映像の強みもあるかなと思います。

それから、中学生には地域に密着した定期テスト対策を実施しています。「この高校はこういうことができていたほうがいいよね」、「この中学校だと、この実力テストでこのぐらい取れていると受かっているよね」など、具体的な対策ができるというのも強みです。

実際、僕の地元でもあるので、土地勘や高校のレベルを塾長がわかっているというのもそのあたりにつながってくるかなと思います。

このあたりは公立が一番という考え方がまだあって、私立の中学校や高校は滑り止めという認識が強い地域なので、「公立高校を受ける」「合格したい!」という子が多いです。


公立高校受験の場合は内申も影響してきますし、ひとり1校しか受けられないので、そのレベルの見極めというか、やりたいこととの兼ね合いが大切になってきます。

当塾が通い放題にしているのは、やりたいことはあるけどレベルが足りていないという子のためでもあるんです。

そういう子が一般的な個別指導塾に1コマいくらで通うとかなりの金額になるか落ちるかの二択になりかねませんが、通い放題だと金額も上がらないし、やる気さえあればいくらでも点数を上げるサポートができます。

逆転合格をできるだけしやすいように、わかりやすい授業は映像で準備して、講師陣で生徒のモチベーションを上げて、できるだけストレスのない形で通塾をさせてあげたい、という想いがあります。

生徒が「この先生がいるから頑張ろう」と思える講師を採用

「毎日個別指導SUNDAY」の指導の様子

ー講師の方の採用基準はありますか?

白神:
基準としては、若い先生の方がいいかなと思っています。どちらかというと明るい性格といいますか、生徒が先生と話してやる気になるとか、生徒に「この先生がいるから頑張ろう」、「この先生に褒めてもらえるから頑張ろう」と思ってもらえるような先生像を求めて面接をしています。

ー講師の方が指導する上で心がけていることはありますか?

白神:
僕は生徒を褒めることを特に意識しています。当塾は「逆転合格」を謳っていますので、最初から成績が優秀な生徒が入ってくるわけではありません。

志望校は今のレベルより上という生徒が多いので、できるだけ志望校の合格レベルに向かっていけるように、まずは自分で解ける簡単な問題から始めて、成功体験を積んでいく。楽しくなったら難しい問題に挑戦するといったスモールステップ方式をとっています。

通い放題な分、ある程度ペース管理はこちらがしやすいので、塾が嫌だとならないように段階的に管理をしています。「解けない、嫌だ」とならないように気をつけていますし、解けたらちゃんと褒めるというところは気をつけています。

効率的に志望校合格を目指すカリキュラム

「毎日個別指導SUNDAY」の教室内画像

ーカリキュラムにこだわりなどがありましたら教えてください。

白神:
映像を用いながらですけれども、基本的には公立受験がメインなので、みんな足並みがそろっているのは確かで、ただ進度が違うというところですね。

みんな同じ道を辿っては行くんですけれども、辿り方はそれぞれで、たとえば入塾したのが中2だったら中1の復習から始めないといけなかったりとか、中3だったら中2の復習から始める、といったことが出てます。

進路はばらばらですが、塾の中でこの道をたどればこの学校受かるよね、というのが各高校ごとにある程度あるので、そこにその生徒を当てはめていって、
「このレベルの学校を受けるなら、この問題を解いておきましょう」「ここを勉強していこう」「ここができないから、こうしていこう」といった指導をが可能です。

また、従来の塾だと紙ベースで生徒管理をしていることが多く、その生徒が受験生になったときに、「結局この子はどこが苦手なんだ?」となったときに、紙でしか管理されていないから2年前のデータがなかったり、すぐに出てこないことがあります。

その点、映像を使うことで「中1のとき、この生徒はこれが苦手だった」というのが記録できるようになったので、受験生になったときに「あなた2年前はここが苦手だったから、ここをもう1回やりましょうね」という話がしやすくなります。

これはカリキュラムのこだわりではないかもしれませんが、指導のやり方というか、いかに効率よく、無駄な時間を使わずに進路指導やカリキュラムの組み立てをするか、そういったところは意識してやっているところではあります。

ー料金についても教えてください。

白神:
各学年の料金については、下記の表をご覧ください。


【学年別コース一覧】

小学生 中学生 高校生
5,280円~ 14,190円~ 14,190円~

※上記の価格は税込みです。

小学生向けに「速読」と「プロクラ」のコースを導入予定

「毎日個別指導SUNDAY」の教室内画像

ー今後、新たなコースやサービスのご予定がありましたら教えてください。

白神:
夏ごろに「速読」とプログラミングが学べる「プロクラ」を導入する予定です。今はどちらかというと中高生向けの塾になっていますが、小学校でプログラミング教育が必須になったこともあり、小学生の指導の方に力を入れたいなと思っています。

そこで、文章を読む力ということで「速読」、数学的思考法やプログラミング的思考をつけるために「プロクラ」のコースを設けて、小学生のうちに基礎となる学力をつけることに注力していこうと考えています。

ー最後に、入塾を検討されている読者の方に一言メッセージをお願いします。

白神:
当塾は岡山県倉敷市にある個別指導塾です。生徒さんの特長としては、勉強のやり方がわからない、そもそも宿題ができないという子もいますし、志望校に1歩届かないとか、もっと届かないという子もいます。

ただ、「合格はしたい」っていう気持ちを持った生徒さんが毎日通って頑張ってくれています。

毎日通う塾って保護者からすると嬉しいんですけど、お子さんからするとけっこう面倒くさいというか、「毎日塾!?」ってなると思うんです。ですが、当塾はみんな楽しく通ってくれていて、そのために内装も工夫しているところがあります。

ぜひ体験授業に来ていただいて、塾長の僕と気軽に喋ってもらって、お子さんが「楽しい」と思ってもらえたら、「毎日個別指導SUNDAY」に来ていただけたらと思います。

ー本日は貴重なお話をありがとうございました。

■取材協力:毎日個別指導SUNDAY