大学受験予備校「BLOOMオンライン」の志望校合格だけにとどまらない“キャリア教育の指導”とは

大学受験予備校「BLOOMオンライン」の志望校合格だけにとどまらない“キャリア教育の指導”とはの画像

大学受験は、高校生や浪人生にとって人生の大勝負ともいえるイベントでしょう。

しかし忘れてはいけないのが、“志望校合格=ゴール”ではないということです。

今回は、生徒の将来を見据えたキャリア教育をおこなう「BLOOMオンライン」校長の西村 裕樹さんにお話を伺いました

受験合格は通過点であり、理想の未来を全力でサポートしたいという想いが印象的だった今回の取材。

数々の指導実績をもつ「大学受験予備校BLOOM」が運営する予備校だからこそ可能な、独自の指導をぜひご覧ください。

  1. 自主学習の質を高める“コンサルティング型”個別指導塾とは
  2. 受験は通過点!完全オーダメイドカリキュラムで将来を見据えた指導
  3. 無料のコーチング面談を実施中!理想の未来を全力でサポート

自主学習の質を高める“コンサルティング型”個別指導塾とは

男性講師が女子生徒に指導している画像

ー本日はよろしくお願いします。はじめに、「BLOOMオンライン」の概要や強みを教えてください。

西村 裕樹さん(以下、西村):「BLOOMオンライン」は、大学受験予備校BLOOMが運営する、オンライン予備校です。

大学受験予備校BLOOM自体は、独自のメソッドに基づく個別指導をおこなっているのですが、そのなかで志望校合格に大切なのは、なによりも自主学習の質だと気づかされました。

そのため、こちらのオンライン予備校も個別指導塾ではありますが、「自主学習コンサルティング型の大学受験指導」をメインとしています。

具体的には、まず生徒さんの志望校と現在の学力にあわせてオーダーメイドでカリキュラムを作成。そのうえで、どの科目をどのようなスケジュールで勉強すべきかプランニングし、1週間の自主学習に取り組んでもらいます。

そして1週間後、個別指導のなかで筆記テストや口頭テストをおこない、理解力をチェックします。

どこができていないのか、なぜできないのかなど、原因を分析し、次の1週間のスケジュールや勉強方法について指導するんです。

どのように時間を使えば、志望校合格にもっとも効率よく近づけるか、指導とサポートをしていきます。

しかし、生徒さんを1週間完全放置するわけではなく、日報として毎日の学習状況を送ってもらっています。

このようなサービスを提供する当予備校の強みは3つあり、まず1つ目は、“キャリア教育”を指導の軸に置いていることです。

キャリア教育とは、大学受験に留まらず、就職をはじめ、将来生きるうえで必要な視点や考え方を伝える教育を指します。

なぜなら、大学受験に合格することが、子どもたちのゴールではないからです。

だからこそ、「この大学に進学して、どのような人間になっていきたいのか」、そういったところまで考えられなくてはいけません。

実際、「なぜこの大学を受験するのか、進学したいのか」という意味づけが明確な子ほど、成績が伸びやすいんですよ。

ちなみに日報をあげてもらうのも、キャリア教育の一貫です。

「今この瞬間の時間の使い方は、理想の未来にきちんとつながっているか」。これを毎日毎日、生徒自身がリフレクションしていくのです。

ただ、リフレクションには正しい基準が必要になるので、そこは担当講師が生徒と一緒になって調整していきます。

そうしたことをくり返し、理想の未来に向かって自分自身で頑張れる力を身につけ、この先も充実した毎日を送れるようになってほしいと私たちは考えています。

2つ目の強みは、志望校合格までの学習計画を分単位で立てられることです。

大学受験までに必要な学習量は、相当なもので、ましてや初めて大学受験をする生徒さんであれば、学習計画を立てるところでつまづいてしまいます。

当予備校でプランニングする学習計画には、学習時間だけでなく、起床時間や就寝時間までが含まれます。

したがって、学習計画を見れば「いつまでに、なにをどこまで、どのようにやるべきなのか」が明確にわかるのです。

初めての大学受験に戸惑う子も、計画を立てることが苦手な子も、自信を持って学習に取り組めるようになります。

3つ目の強みは、志望校合格に向けた大学受験のトータルサポートを定額で受けられることです。

生徒さんによって必要な勉強内容や科目数は変わりますが、当予備校では全科目の指導を完全定額制でおこなっているため、すべて一律です。

そのため、たとえば途中で志望校を変更して科目数が変わった場合でも、料金は変わりません。

これにより、生徒さんが志望校に合格するうえで必要となる最善なサポートを常に提供できるのです。

ー講師について、採用基準を教えてください。

西村:現在の在籍講師は、私のほか、大学生講師が4名、正社員講師が2名です。

明確な採用基準は取り入れていないのですが、大学受験に成功していることが大前提ですね。

それから、生徒にキャリア教育をしている以上、講師もそうでなくてはいけないとは考えています。

そのため、自分の将来の軸が明確な方、将来に向かって自分の歩みを進めている方、人生のビジョンをきちんともっている方がよいですね。

受験は通過点!完全オーダメイドカリキュラムで将来を見据えた指導

女性講師が男子生徒と話している画像

ーコースについて詳しく教えてください。

西村:コースは全部で4つありますが、基本のコースとなるのは、マンツーマンカウンセリングです。

こちらのコースでは、学習計画のプランニング、週1回の学習カウンセリングと確認テスト、個別指導で大学受験をサポートします。

総合型選抜試験を選択している場合には、このほか面接トレーニングや小論文対策などにも対応可能です。

ひとりで勉強を進めることが難しいと感じている方には、マンツーマンカウンセリングがおすすめですね。

一番お手軽なコースとしては、お試し体験コースがあります。

こちらのコースは年間の学習計画を立てるのみとなっていて、「どのような勉強を、どのぐらいの時期までに、どこまでしておけばよいのか」が明確になります

お試し体験コースは1回のみのコースなので、個別指導やカウンセリングはありません。

つづいて、もう少し充実した体験コースといえるのが、ウィークリーチェックコースです。

こちらのコースでは、学習計画のプランニングと週1回の学習カウンセリングをおこないますが、個別指導や週1回の確認テストは含まれず、あくまで計画立てに特化したコースになります。

つまづいたときに自身で課題を分析して解決できる方や、ほかの塾と併用したい方であれば、有効活用していただけると思います。

それから、医歯薬獣学部合格者の指導実績をもつ講師が指導を担当するメディカルコースもありますね。

こちらのコースは医学部受験に特化し、通常の指導のほか、小論文や面接のトレーニングおよびテストが受けられるんですよ。

料金は、以下のとおりです。

コース名 料金(税込)
お試し体験コース 11,000円 / 1回
ウィークリーチェックコース 22,000円 / 月々
マンツーマンカウンセリング 44,000円 / 月々
メディカルコース 88,000円 / 月々


ーカリキュラムについても教えてください。

西村:カリキュラムは完全オーダーメイドなので、大学受験日から逆算して、志望校と生徒さんの到達度にあわせて柔軟に対応
します。

カリキュラムには、基礎を完成させる時期と、基礎演習期、そして受験レベルの演習期、過去問演習期、と4段階での成長プログラムの段階を設けています。

当予備校では、基礎の時期を種まきと考え、“Seed(シード)期”と名付けました。

基礎の演習は、基本的に基礎知識を多く出している問題、場合によってはセンターや共通テストの過去問演習を通じて基礎の知識がきちんと使えるかをチェックしていくので、基礎を定着させることは、伸びしろをつくるイメージなんですね。

そこで伸びしろをつくり、その伸びしろの“しろ”をちゃんと“伸び”に変える。それがいわゆる基礎演習期だと思っていて、私たちは“Sprout(スプラウト)期”と呼んでいます。

意味合いは水まきなのですが、夏にたくさんまいた種が成長し、ここでどれだけ高みにいけるか、圧倒的な学習量で基礎を完全にマスターすることが目的です。

そこできちんと伸びたなら、ある程度基礎が固まっているため、大学別の問題のレベルやジャンルに対応できるように、大学別対策の演習期となります。

プラスアルファで過去問演習をとおして今まで伸びてきたものを収穫。きちんと志望校合格の力を身に付けることを“Harvest(ハーベスト)期”と呼び、ここで合格できるレベルに仕上げていくんです。

最後は、きちんと合格ができるように過去問演習のつめだったり、本番で力を100%出せる取り組み方や姿勢だったりを整えていく“Cultivate(カルティベイト)期”に入ります。

卒業後の進路で活躍できるイメージを付け、受験合格というのは通過点なのだと、生徒さんには説明しています。

無料のコーチング面談を実施中!理想の未来を全力でサポート

校長の西村さんと生徒さん家族が記念撮影している画像

ー今後の展望について教えてください。

西村:より生徒一人ひとりにあったカリキュラムを組めるようにするため、個別指導のプログラムを拡充していきたいと考えています。

たとえば定期テスト対策であったり、英検対策であったり、数学の基礎ができていない生徒さん向けの「数学スタートアッププログラム」などですね。

それから、すでに最近導入した「スタディサプリ」をはじめとした自主学習用のアプリを積極的に活用していきたいと思っています。

ー最後に入塾を検討している読者にひと言メッセージをお願いします。

西村:当予備校では、入塾希望者の方に向けて、個別のオンラインコーチング面談を無料で実施しています。

コーチング面談を受けたからといって、入塾を強制することはありません。

お話をしたうえで、入塾するのがベストだったらもちろんおすすめしますし、入塾するのがベストでなければ別の道を一緒に模索できたらと考えています。

そのため、興味を持っていただけた方は、お気軽に面談を受けていただきたいです。

面談では、当予備校の指導方法などを解説するほか、入塾の心構えや、志望校合格に向けて本当に必要なことをお伝えします。

そのうえで「BLOOMを使ってみたい!」と思っていただけたなら、ぜひ入塾してください。私たちは全力で生徒さんをサポートいたします。

ー本日は貴重なお話をありがとうございました。


■取材協力:BLOOMオンライン