全国に1150校舎以上展開する「ITTO個別指導学院」の指導方法や強みについて聞いてみた!

全国に1150校舎以上展開する「ITTO個別指導学院」の指導方法や強みについて聞いてみた!の画像

「ITTO個別指導学院」や「みやび個別指導学院」をはじめとする学習塾を全国1150校以上展開している、自分未来きょういく株式会社。

今回は、自分未来きょういく株式会社の笠原翠さんにお話を伺いました。

子どもの塾選びで悩まれている方、個別指導塾をお探しの方は、ぜひ参考にしてみてください。

  1. 個別指導ひと筋27年、全国に1150校舎以上を展開
  2. 「ITTO模試」で重要語句を定着し、「テストターボ」で定期テストの徹底対策!
  3. 「SS(スペシャルセレクト)講師」がハイレベルな授業をおこなう
  4. スタンダードプランで考える力を身につける
  5. 個別指導から受験対策までニーズにあわせて幅広く対応

個別指導ひと筋27年、全国に1150校舎以上を展開

ITTO個別指導学院の授業風景

ー本日はよろしくお願いします。まず「ITTO個別指導学院」はどのような塾なのか教えてください。

笠原 翠さん(以下、笠原):
ITTO個別指導学院は、個別ひと筋で指導をおこなっておりまして、1校目が開校してから今年で27年になります。

個別のノウハウをしっかりと取り入れた授業と指導が強みです

現在、全国に1150校舎以上を展開していますので、転勤などで引っ越しをされても、引っ越し先の近くに当塾があるというのもメリットの1つです。

また、外部調査団体による顧客満足度調査で、10年連続受賞していることからも、お子さんはじめ保護者の方へのサポートもきめ細やかに対応しています。

特に私たちが1番力を入れているのは、勉強に対して不安だったり、勉強が嫌いだなと思っているお子さんに対して、「わかった!」という「感動」を、毎回の授業で感じてもらう授業を提供することですね。

ーほかにも「ITTO個別指導学院」ならではの強みはありますか?

笠原:
まず、生徒一人ひとりにあった「オーダーメイドカリキュラム」を組んで授業をおこなっています。

これは個別指導塾ならではの取り組みですが、その生徒さんの目標に応じて、どのレベルの問題をどのように進めるのか等、しっかりと分析した上で学習カリキュラムを決定し、提供しています。

また、毎週の授業のほかに、夏期講習や冬期講習といった「季節講習」の中で、どういう取り組みや学習をしていけばいいか、どのように弱点克服をしていけばよいか、という点をしっかりとお伝えして、講習をおこなっているのも強みの1つです。

さらに開校時間内なら、塾生はいつでも無料で「自習室」を使うことができます。

家だとなかなか勉強に集中できないという生徒が、授業のない日も自習室にきて、塾の宿題や学校の課題に取り組んでいます。

自習室は無料で開放していますので、ぜひ活用してもらいたいサービスの1つですね。

ITTO個別指導学院の自習室の画像

ー勉強の習慣がつく環境が整っていますね。

笠原:そうですね、特に自習室の開放は、当塾に来て生徒自身が「変わったな、変われそう」と思ってもらえるきっかけになっていますし、生徒への影響も大きいです。

さらに保護者の方向けに、講師が指導した内容やお子さんの塾での様子を知っていただくために、「スクレポ」というネットワークサービスを導入しています。

「スクレポ」の画面画像

笠原:「スクレポ」にログインしていただくと、講師が記録した毎回の授業報告を見ることができますし、生徒一人ひとりに「マイページ」を用意していますので、これまでの授業報告履歴も確認できます。

昔は保護者の方への報告を紙面でおこなっていましたが、講師のコメントが伝わりにくかったり、思春期のお子さんだと報告を保護者に見せなかったりすることもありました。

それが「スクレポ」によって、保護者の方にリアルタイムで確認いただけるようになり、「子どもの変化がよくわかる。先生からの勉強のアドバイスがもらえて、親としてもとても助かっている。」という嬉しいご意見を多くいただいています。

「ITTO模試」で重要語句を定着し、「テストターボ」で定期テストの徹底対策!

ITTO個別指導学院の教室内画像

ーほかにも強みはありますでしょうか?

笠原:当塾には「ITTO模試」と「テストターボ」という2つの強みがあります。いずれも当塾ならではの取り組み、強みです。

ITTO模試」は、一問一答形式の当塾オリジナルテストで、毎月無料で実施しています。

暗記しなければならない、重要語句が多い数学以外の4教科を、小学4年生から中学校3年生までが受験をします。

毎月計画的に勉強することで、絶対に暗記が必要な重要語句が自然と身につきます。

暗記が苦手なお子さんや、復習する機会がなかなかない小学生のお子さん、定期テストのために暗記が必要なお子さんのためにおこなっています。

勉強が苦手なお子さんも語句が覚えられ、答えられるものが増えていくことで、モチベーションアップや自信にもつながっています

他塾にはない「ITTO模試」は、当塾ですごくこだわって取り組んでいることの1つです。

「ITTO模試」の結果は、「スクレポ」で保護者の方にご確認いただけるようになっています。

もう1つの強みは「テストターボ」です。これは中学生・高校生を対象に、テストの3週間前から普段の授業に加えてテスト対策の内容に特化した授業をおこなうものです。

基本的に当塾は予習型で普段の授業を進めていますが、テスト前になるとテスト対策をしっかりしたい、5教科をしっかり勉強したい、という生徒も多いので、「テストターボ」の仕組みを使って5教科満遍なくテスト対策を実施しています。

「テストターボ」は6回・8回・10回と回数を選べるため、教科はその時々によって生徒さんに選んでもらっています。

たとえば、今回は理科が苦手だから理科をたくさんやりたい、過去問を解いて実践力をつけたい、など、生徒個々のニーズにあわせて対応しています。

ー「マンツーマンプラス10」も「テストターボ」と同じ内容になりますか?

笠原:「テストターボ」は定期テストの3週間前からの期間で授業を実施するのに対して、「マンツーマンプラス10」は、年度末までであれば授業を追加することができます。

マンツーマン50分授業を10回受けられるため、テスト前に集中して使うのもいいですし、英検や漢検、数検といった検定の受験対策に使っていただくことも可能です。

「SS(スペシャルセレクト)講師」がハイレベルな授業をおこなう

ITTO個別指導学院の授業風景画像

ーこういった細やかなサービスが満足度につながるんですね。続いて、授業をする講師について、詳しくお話を聞かせてください。

笠原:
地域や校舎によって、大学生から社会人まで、さまざまな講師がいま

どの講師も採用時に一定の試験を受けていただき、合格した方に勤務してもらっており、その後も定期的に研修をおこない、指導スキルをさらに磨いてもらっています。

ー個別指導の場合は、講師の相性も気になりますが、講師と合わなかった場合はどのような対応をされていますか?

笠原:そのような場合は、随時ご相談いただければ、お子さんとの相性を考えながら、講師変更なども対応させていただきます。

また、年に数回、お子さんの授業を担当している講師を評価いただく「講師アンケート」をwebで実施しています。

匿名でのアンケ―トなりますので、気兼ねなくご回答いただけますし、保護者の方からの要望にはすぐに対応して、問題点があれば改善するようにしています。

ITTO個別指導学院の講師陣

ー講師の方にランクのようなものはありますか?

笠原:当塾には「SS(スペシャルセレクト)講師」認定試験というしくみがあります。

勤務1年以上で授業実績が多く、先ほどご紹介した「講師アンケート」で高評価を取っている講師には、面接試験と筆記試験を受けていただくことができます。

面接・筆記、両方の試験で、人物面・知識面ともに合格した講師は「SS(スペシャルセレクト)講師」に認定されます。

保護者の方から、指導能力の高い講師に教えてほしい、受験対策としてハイレベルな講師に指導してほしい、という要望もありますが、そういった場合に「SS講師」を指名しただくことが可能です(※)。

「SS講師」は、さまざまな基準をクリアした講師のみに与えられる、当塾オリジナルの資格になりますので、安心してお子さんを任せていただけます。

(※)別途指名料が必要です。在籍状況は校舎により異なります。

スタンダードプランで考える力を身につける

小学生向けコースの画像

ー小学生から高校生まで、おすすめのコースがあれば教えてください。

笠原:塾生の約6~8割の生徒が受講している 「スタンダードプラン」をおすすめしています。  

個別指導というと、講師がつきっきりで教える、わからないところはすぐに聞ける、というイメージをお持ちの方もいると思います。

ですが、この「スタンダードプラン」は、1対3で授業することによって、隣の生徒が頑張っている様子を見て刺激を受けたり、講師が他の生徒を見ている間もちゃんと自分で勉強する、わからないところがあったら手を止めて待つのではなく、次に進んでおく、という風に、勉強の仕方や進め方、考える力を身に付けてもらうことを目的にしています。

1対3なので、講師1人に対して3人に同じ内容を教えてるんじゃないかと思われている保護者の方も少なからずいらっしゃいます。

3人の生徒さんは学年や教科がそれぞれ違うこともあり、一人ひとりの学習状況に合わせて、指導するときは個別に指導いたします。

ーどれくらいの頻度で通われている生徒さんが多いですか?

笠原:週2回通われる方が多いです。時間も50分・80分・100分とありますが、たとえば中学生の場合ですと、80分・100分で受講される方が圧倒的に多いです。

ー高校生になると、大学受験を意識した方もいると思いますが、受験対策もできますか?

笠原:講師と相談させていただきながら、受験対策もできる限り対応させていただきます。

ー同じグループの「みやび個別指導学院」の特徴は何ですか?

笠原:「みやび個別指導学院」は、学習環境にもこだわっています。

「ファーストクラスの個別指導塾」というキャッチフレーズの通り、学習環境が圧倒的に整っています

一般的な個別指導塾は1フロアで展開をされているところが多いのですが、「みやび個別指導学院」は基本的に一戸建てのつくりの塾になっています。

ですので、面談室や自習室が個室になっており、授業をするスペース、自習室、面談室と、区画がきちんと分かれています。

生徒さんの勉強のスイッチのオン・オフの切り替えができ、メリハリを持って勉強に取り組むことができます。

また、校舎の外観、教室内の壁紙、カーペットの色など、デザインにも大変こだわっています。

個別指導から受験対策までニーズにあわせて幅広く対応

グループの事業展開画像

ー現在、全国に1150校舎を展開されていますが、今後開校される予定はありますか?

笠原:平均すると毎月全国に5校舎ほど展開しています。

いろんな面で1番を取っていきたいという想いがありますので、ゆくゆくは校舎数も業界ナンバーワンになれるよう、現在動いている最中です。

ー最後に、入塾を検討している読者にメッセージをお願いします。

笠原:個別指導塾を検討されるお子さんというのは、「勉強が苦手、嫌い、勉強のやり方がわからない、学校の授業についていけない」という方や、「どんどん先取りで学習し、レベルの高い問題にも取り組み、自信をつけたい」という方などさまざまです。

そういうお子さんに対して、こういう風な勉強のやり方をしたら楽になるよ、変われるよ、というアドバイスや指導をおこなうことで、苦手克服・目標達成に向けてお子さんの成長をサポートしています。

また、ご家庭で勉強をする習慣がついてないお子さんも多かったりしますので、そういう部分でも学習のことは当塾にぜひ安心して任せてほしいなと思います。

勉強全般を当塾に任せていただいたことで、圧倒的に変わっていく生徒さんを多く見てきました。

当塾に通っていただけると、勉強に対するモチベーションが上がりますし、変われるチャンスは無限に広がっていきます

また、同じグループで、さまざまな学習塾を展開していますので、「ITTO個別指導学院」や「みやび個別指導学院」はもちろん、大学受験専門の「原田塾」、お子さんの英語教育に「NOVAバイリンガルKIDS」など、ニーズにあわせて使い分けていただければと思います。

他社さんよりも、生徒・保護者のニーズを取り入れるスピードは圧倒的に早いと自負しています。

冒頭でお伝えした「わかる感動」を体験しに、ぜひ当塾にお越しください。


―本日は貴重なお話をありがとうございました!




■取材協力:自分未来きょういく株式会社

合わせて読みたい記事

ITTO個別指導学院の評判の真相とは?料金や講師の口コミ、合格実績を調査してみた!の画像
塾・学習塾
ITTO個別指導学院の評判の真相とは?料金や講師の口コミ、合格実績を調査してみた!
TOPへ戻る