「夏休みの宿題」手伝う親は9割!徹夜で鼻血、自由研究の蟻が逃走…驚きハプニングも

「夏休みの宿題」手伝う親は9割!徹夜で鼻血、自由研究の蟻が逃走…驚きハプニングもの画像

小学生の夏休みが始まりました。新型コロナウイルス感染急拡大となっていますが、3年ぶりに行動制限のない夏休みということもあり、イベント参加や旅行などの計画を立てている家庭も多いのではないでしょうか。

しかし、子どもたちには夏休みを満喫するだけでなく「自由研究」「読書感想文」「日記」…といった夏休みの宿題という“任務”が課せられています。しかも、それらは子どものみで完遂させるには難しいこともしばしば。

「テラコヤプラス by Ameba」が、小学生の夏休みの宿題について保護者500人にアンケートを実施したところ、約9割の保護者が子どもの夏休みの宿題について何かしら手伝った経験があることがわかりました。

さらに、半数以上の保護者が子どもの夏休みの宿題に“負担”を感じていることも判明。その一方で夏休みの宿題は“必要”と考えている保護者は約8割いました。保護者のその胸の内とは…。

  1. 意外に少数派!?慌てて宿題をする小学生は約2割
  2. 手伝う保護者は約9割!鬼門は断トツで「自由研究」
  3. 保護者の半数以上が宿題を「負担に感じる」も、約8割が「必要」と答える
  4. 自由研究の蟻が逃走!手伝った作文が表彰…宿題めぐる悲喜こもごも
  5. まとめ

意外に少数派!?慌てて宿題をする小学生は約2割

まずは、子どもの夏休みの宿題の進め方について聞いてみました。

夏休みの宿題

小学生の夏休みの宿題といえば、夏休みの終わりごろに慌てて行うイメージがありますが、「計画を立てて進める」家庭は約5割(47.0%)。さらには、「夏休みの始めに終わらせる」家庭も約3割(28.4%)いることから、大抵の子どもは実はスムーズに夏休みの宿題を終わらせていることがわかりました。

「夏休みの終わりごろに一気に終わらせる」を選択した人は、約2割(19.2%)にとどまり、「夏休みの間に終わらない」もわずか3.4%。やる気のある夏休み始めの数日である程度宿題を進めるも、苦手なものを後回しにして気づいたら翌日が登校日だった、などという極端なパターンもあるようです。

また、子どもが夏休みの宿題を進んでおこなうように、工夫をこらしているという保護者も。その回答の一部をご紹介します。

約8割の子どもが計画的に宿題を進めているとはいえ、自主的に進められるようにサポートする保護者の存在は欠かせないようです。

手伝う保護者は約9割!鬼門は断トツで「自由研究」

では、小学生がもっとも手こずる夏休みの宿題はなんでしょうか。

夏休みの宿題

アンケートによると、「自由研究」(32.6%)と「読書感想文」(29.8%)の2つが群を抜いていました。それぞれどのような点で子どもは手こずっているのでしょうか。

自由研究

  • 「1年生のときの自由研究は特に、なにをどうしていいのかまったくわからない状態だった」(40代前半・小学4年生の保護者)
  • 「自由研究は人と同じものはやりたくなく、かといってオリジナルのアイデアは浮かばずでした」(50代前半・大学1年生の保護者)
  • 「学年が上がるにつれて、ネタ切れになったり、ほかの人とアイデアがかぶったりして苦労していた」(40代後半・高校2年生の保護者)

読書感想文

  • 「本を読んだ感想だけでは枚数が埋まらず、困っていました」(30代後半・小学2年生の保護者)
  • 「本自体は楽しく読んだものの、書き方がわかっていなかった。そのうえ、おもしろかった以外の感想がでてこなかった」(30代後半・小学3年生の保護者)
  • 「まず本を読むのが好きではないので本を読むのに時間がかかり、読み終わるころには最初に書かれていることをすっかり忘れているので、苦労します」(40代後半・中学1年生の保護者)

ほかには、「コロナ禍で出かける機会がなく毎日自宅にいたため、日記に書く内容に困っていた」や、図画工作の宿題では「選挙」をテーマにしたポスター制作があり、「子どもにとって身近な内容ではなかったため、なにを描いてよいのかわかっていなかった」などがありました。

もちろんそんな行き詰っている子どもを保護者が温かく見守る…というわけにもいかないのが現実。続いて実際に「保護者が手伝った夏休みの宿題」について聞いてみました。

夏休みの宿題

子どもがもっとも手こずっていた夏休みの宿題と同じく、保護者が手伝った宿題の1位は「自由研究」(37.8%)、次いで「読書感想文」(21.0%)。「手伝わない」と答えたのはわずか12.4%と、約9割(87.6%)の保護者が何かしらの宿題を手伝っていました。

また、どのような場面で手伝ったか尋ねると、自由研究のアイデア出しから、作文の添削、なかには「手取り足取り、すべて」という回答もあり、宿題をするよう促すだけでは難しい現実が明らかになりました


保護者は夏休みの宿題を手伝う際にどこからヒントを得ているのでしょうか。

夏休みの宿題

「インターネット」からの情報が参考になったという保護者がもっとも多く、特に「自由研究」や「図画工作」などアイデアを出すもので高く活用されていました。具体的にどのようなものが参考になったのか、一部をご紹介します。

  • 「読書感想文の書き方をまとめているサイトがあり、これを参考にして進めたら、スムーズに終えることができました。その都度メモ書きをする、段落ごとの構成を考えるなど、とても参考になりました」(40代前半・小学4年生の保護者)
  • 「学研の実験の図鑑を見た。いろいろ載っているので、そのなかから選ぶことができる。「自由研究 ◯年生」と検索すれば、その学年に応じた自由研究がいくつも出てくるので参考にできた」(30代前半・小学2年生の保護者)
  • 「日本気象協会では、各地の過去の天気・最高気温・最低気温がクリック1つで簡単に参照でき、とても便利でした」(50代前半・中学2年生の保護者)

保護者の半数以上が宿題を「負担に感じる」も、約8割が「必要」と答える

アンケートの結果から、保護者も子どもと共に夏休みの宿題に頭を悩ませていることがわかりましたが、保護者は夏休みの宿題についてどのように感じているのでしょうか。

夏休みの宿題

「夏休みの宿題を負担に感じたことはあるか」尋ねたところ、半数以上(55.0%)が「ある」と回答しました。

しかしその一方で、「夏休みの宿題は必要か」という質問に、約8割(82.4%)の保護者が「必要」と回答しています。そこにはどのような理由があるのでしょうか。

「必要」と答えている保護者のなかでもっとも多かったのは、「子どもが長い夏休みを有意義に過ごすためには必要」という意見。

ただ、すべての宿題について必要というわけではなく、一部は必要ないという意見も多く寄せられていました。

自由研究の蟻が逃走!手伝った作文が表彰…宿題めぐる悲喜こもごも

最後に夏休みの宿題にまつわるハプニングやエピソードをご紹介します!

まとめ

夏休みの終盤に慌ててやるイメージが多い夏休みの宿題も、実際には計画を立てて行っている子どもが多いことがわかりました。

しかし、その裏では保護者のサポートが欠かせないようです。保護者が手伝った宿題について尋ねると「手伝ったことがない」と答えた保護者はわずか1割程度、約9割の保護者がなにかしらの宿題を手伝っていました

そのため、夏休みの宿題を負担に感じている保護者も半数以上いましたが、子どもが長期休みで時間を持て余してしまうことなどを考えると、それでも夏休みの宿題は「必要」と多くの保護者が感じているようです。

しかし、「絶対に必要」と言えるほど夏休みの宿題に意味を感じている様子はなく、「終わらせるための宿題」以上の意味を見いだしている保護者はそう多くはないようです。

【調査概要】
調査時期:2022年7月11日~2022年7月25日
調査方法:インターネット
調査地域:全国
調査人数:小学2年生~23歳以下の子どもの保護者500人
調査内容:「小学校の夏休みの宿題」に関するアンケート