「日本学術講師会」は38年の指導経験が自慢!生徒一人ひとりにあわせるその指導とは?

「日本学術講師会」は38年の指導経験が自慢!生徒一人ひとりにあわせるその指導とは?の画像

子どもは一人ひとり異なる個性を持ち、勉強に関しても得意不得意があり、適した勉強法は同じではありません。

「日本学術講師会」は福岡を中心に家庭教師のサービスをおこなっており、38年の指導経験を活かしてそれぞれの生徒に最適な個別カリキュラムを提供しています。

また、「松陰高等学校福岡天神校」という通信制の高校を運営し、通信制ながら進学コースを持つなど、これまで培ってきたノウハウをもとに生徒の夢や目標にあわせた指導をおこなっているのです。

今回は日本学術講師会の代表取締役である中村 信ニさんにお話を伺いましたので、個性を大切にしつつ子どもにあった指導を受けさせたい保護者の方はぜひご覧ください。   

  1. 一人ひとりにあった勉強をおこなう家庭教師
  2. 生徒の夢や目標を大切にする通信制高校
  3. 子どもに夢や希望、光を持たせたい

一人ひとりにあった勉強をおこなう家庭教師

日本学術講師会の家庭教師のパンフレット

ー本日はよろしくお願いいたします。まずは「日本学術講師会」の概要について教えてください。

中村 信ニさん(以下、中村):「日本学術講師会」は福岡を中心に家庭教師のサービスをおこなう会社です。

家庭教師のサービスは小学生、中学生、高校生が多く、私立小学校受験生や私立中学校受験生、浪人生もお預かりしていますよ。

日本学術講師会は私が大学4年生のときに立ち上げた会社で、今年で設立38年目になります。

元々私が大学時代に家庭教師をやっており、その延長で会社を設立しました。中学生なのに分数やかけ算、割り算ができず、それでも塾はいやだという子どもがおり、私が面倒見ることになったのがきっかけです。

また、通信制の高等学校である「松陰高等学校福岡天神校」の運営もおこなっています。

ーまずは家庭教師サービスの強みについて教えてください。

中村:一人ひとりにあった勉強方法を見つけ、提供しているのが強みです。

現在の学力、苦手な教科、性格、部活動、学習目的などの状況をヒアリングし、個別のカリキュラムを作成しています。

また、家庭教師が来ない日にいかに勉強させるかという点がこだわりです

たとえば、家庭教師は週1回から2回の指導が多いですが、それ以外の日にもしっかり勉強できるよう、それぞれの子どもにあった宿題を出しています。

ほかにも指導をおこなう先生以外に教務スタッフを常駐させて学習相談に対応したり、講師の指導に関しても指導報告に対してフィードバックをおこないよりよいものへと改善できるようにしたりしていますよ。

学習相談は講師には直接話しづらいことや、子どもの悩みにも対応。受験の進路に対するアドバイスもおこなっています。

さらに、家庭教師サービスでありながら無料の自習室を備えており、自宅では集中できない生徒が利用可能です。

この自習室は福岡市の天神というアクセスの良い場所にあり、講師が常駐しています。問題を解いていてわからない点は質問できますし、家庭教師の指導場所としても利用できますよ。

勉強のわからない点はLINE、メール、FAXといった手段を使い無料で質問可能です。これにより指導日を待たずとも疑問が解決でき、生徒の勉強がはかどるでしょう。

ー料金はどのようになっていますか。

中村:小学生と中学生は1時間2,200円(税込)、高校生は2,750円(税込)です。

このため、週1回1時間の指導であれば月に8,800円から利用できます。

ー講師はどのような点を重視して採用されているのでしょうか。

中村:最も重視しているのは、アルバイト感覚ではなく、本当に子どもが好きであるかや、指導している子どもをどうにかしてあげたいという意識を持っていることです。

家庭教師サービスはいろいろありますが、実はそのほとんどがネットや電話で登録すれば誰でも講師になれてしまいます。

これに対して日本学術講師会では直接お会いし、適性検査や学科検査を受けてもらい、これまでの経験を面接で伺った上で採用。

身元もしっかりと確認していますので、ご自宅に安心して呼んでいただける講師ばかりです。   

生徒の夢や目標を大切にする通信制高校

日本学術講師会 松陰高等学校 福岡天神校パンフレット

ー続いて「松陰高等学校福岡天神校」について教えてください。

中村:松陰高等学校福岡天神校は、通信制の高等学校です。

私たちは元々、8年前に無料学習室の「学習の森」をオープンさせました。これは父子家庭や母子家庭といった、経済的に困難な状況にある生徒の学習サポートをおこなうためのものです。

このような子どもたちは家では集中して勉強できない場合に、外で勉強しようにもなかなか場所が見つかりません。

そこで学習の森をオープンし、日曜祝日以外は朝10時から夜9時まで毎日解放したのです。

学習の森には経済的に困難な状況にある子どものほか、いじめなどの問題で学校に行けない不登校の子どもたちも多く来ていました。

中学校の場合は学校に行けなくても出席扱いにしてもらうことができますが、高校の場合はテストを受けないと単位がもらえず、卒業できません。

そこで、このような子どもたちのためにオープンしたのが「松陰高等学校福岡天神校」です。

山口県にある松陰高等学校本校の学習センターという位置づけになります。

通信高校は基本的に自宅で学習ができるのですが、単位を取るためには短期間に集中的にスクーリングが必要です。

松陰高等学校の本校は山口県にあるのですが、九州の生徒が近場でスクーリングできるよう福岡県に松陰高等学校福岡天神校を設立しました。

ー松陰高等学校福岡天神校の強みはどこにありますか。

中村:福岡天神校は単なる松陰高等学校の学習センターではありません。

私たちが30年の指導経験で培ったノウハウを用い、自信を持って指導をおこなっています

このため、大学進学を目指している生徒が多く在籍していますよ。

そのような生徒のため、進学コースを設けています。

ほかの通信高校では受験対策ができず、単位を取って高校を卒業することを目標にしている場合が多いですが、松陰高等学校福岡天神校ならしっかりと大学受験対策をすることが可能です。

また、松陰高等学校は単位制のため全日制よりも勉強時間を多く持つことができ、その点では全日制よりも有利といえるでしょう。

高校卒業を目標にしている生徒の場合、空いた時間をダンスやスポーツ、音楽などに充てることもでき、大きな夢の実現に時間を費やすこともできます。

このように生徒一人ひとりの目標にあわせて指導ができるという点が松陰高等学校福岡天神校の強みといえるでしょう。

ー実際に松陰高等学校福岡天神校に通った子どもや保護者からの反応や感想を教えてください。

中村:本当によい先生に出会えてよかったとか、学校が変わることでこんなにも子どもが変わるなんて、といった感想をいただいています

現在通っている生徒のなかには、1年生のときは全日制の高校、2年生のときは別の通信制の高校、そして3年生のときに松陰高等学校福岡天神校に来たという生徒がおり、一生懸命大学受験に向けて勉強中です。

この生徒が松陰高等学校福岡天神校への転校を希望した際、当時の担当からは近くの高校に通えないのに遠くの天神なんて絶対通えるわけないと猛反対されました。

しかしながら、今は毎日元気に通っています。

ほかにも中学校のときはクラスの雰囲気になじめず、支援学級でずっと過ごしていた子どもも松陰高等学校福岡天神校に入学して楽しく授業を受けていますよ。

やはり、子ども一人ひとりの気持ちをうまくくんであげて、本当にあった指導、あった内容をやっていくのが大事ではないでしょうか。

そのために松陰高等学校福岡天神校では、子どもたちの個性にあった環境を準備するよう心がけています。

ー今後開催予定のイベントがあれば教えてください。

中村:8月には夏期講習を開催し、10月には合同の学校説明会に参加予定です。

また、これらのイベント以外でも、子どもたちが悩んでいたり、今の学校で大丈夫か不安に思っていたりする場合は、いつでもご相談いただき、子どもお預かりすることができます。

もちろん、これまでに取得した単位は持ち越し可能ですのでご安心ください。

ほかには、コロナ禍が落ち着いたらセミナーを開催したいと考えています。

以前はギネス世界記憶術初代登録者の宮地真一さんのセミナーを開催しました。

子どもたちの学習は暗記が多いですので、暗記が速くなればゆとりができ、別の勉強やスポーツ、音楽といったものに時間を費やせるようになるでしょう。

このような、子どもたちにとって有益な講演をしていただける方をお招きしたいですね。   

子どもに夢や希望、光を持たせたい

日本学術講師会 夢や目標を大切にする通信制高校

ー最後に読者の方へメッセージをお願いします。

中村:子どものなかには高校卒業や大学入学を諦めている子どもも多いですが、私たちはそのような子どもたちを預かり、夢や希望、光を持たせたいと考えています。

勉強はやはり強制的にやらされるものではなく、子どもたちが夢や希望を実現するために自らやるべきものだと思うのです。

どんな子どもでも、私たちにご相談に来ていただければ何か解決策をご提案することができますよ。

私たちは30年以上教育の分野で活動をしており、成績が厳しい子ども、親や学校との関係に問題を抱えている子どもなど、いろいろと困った子どもたちを大勢見てきました。

そのような子どもたちを含め、一人ひとりに適した勉強法を考えて実践してきましたので、どんな子どもでもそれぞれにあわせた指導ができると自負しています。

もしよろしければご連絡あるいはお問い合わせください。

ー本日は貴重なお話をありがとうございました。

■取材協力:日本学術講師会