札幌のそろばん教室おすすめ8選【2022年】月謝の相場や選び方も紹介

札幌のそろばん教室おすすめ8選【2022年】月謝の相場や選び方も紹介の画像

そろばん教室は計算力が身につくだけでなく、記憶力や情報処理能力などが鍛えられる習い事。

脳のトレーニングとして非常に有効であるとされ、東大生や京大生などが子どもの頃に習っていたというケースも数多くあります。

しかし意欲的にそろばんに取り組み続け、効果的に能力を向上せるには、教室選びが重要です。

そこで今回は、札幌にあるそろばん教室をご紹介します。公共交通機関が整備され、学校や官庁、商業施設が集中している札幌には、さまざまな習い事教室があります。

どの教室に通えばよいのかわからない方のために、教室の選び方もわかりやすく解説!札幌でそろばん教室をお探しの方は、ぜひご覧ください。

  1. 札幌のそろばん教室の選び方
    1. ①年齢や読み書き能力にあった教室を選ぶ
    2. ②テキスト学習の珠算?フラッシュ暗算?目的で選ぶ
      1. 珠算の王道「テキスト学習」
      2. 暗算力アップなら「フラッシュ暗算」
    3. ③検定や大会の有無をチェック
    4. ④講師の質・カリキュラム重視なら連盟所属の教室を
    5. ⑤月謝や通える回数・レッスン時間も確認しよう
  2. 札幌のそろばん教室おすすめ8選|テキスト珠算のほかフラッシュ暗算の教室も紹介
    1. 手稲珠算学校
    2. 伏見珠算教室
    3. アサヒ珠算塾
    4. 新琴似珠算学校
    5. 札幌そろばんファクトリー
    6. 久保田珠算学校
    7. 宮の沢珠算学院
    8. パワーっこクラブ
  3. そろばんの6つの効用
  4. まとめ

札幌のそろばん教室の選び方

札幌のそろばん教室おすすめ

継続して通うことで、確かな技術と能力が身に付くそろばん。教室を選ぶときは、以下の5つのポイントに注目しましょう。

①年齢や読み書き能力にあった教室を選ぶ

札幌のそろばん教室の選び方

どのそろばん教室でも基本的に、対象年齢が設けられています。

子どもに限定している教室もあれば、大人を対象にした教室もあるため、まずは通いたい人の年齢が対象年齢にマッチしているかどうかを確認しましょう。

また、子どもを対象としたそろばん教室では、「数字の読み書きができること」などの条件が設けられていることもあります。

入会の条件を満たしているか不安な場合は、そろばん教室に直接問いあわせてみるのがおすすめです。

もしも長く通い続けたいのであれば、“何歳まで”を対象としているかも確認しましょう。

②テキスト学習の珠算?フラッシュ暗算?目的で選ぶ

札幌のそろばん教室の選び方

多くのそろばん教室では「珠算(しゅざん:そろばんを使った計算)」と「暗算」の2つを指導していますが、レッスン方法に細かな違いがあります。

そろばん教室に通う目的や、通う人の興味関心を考え、それらにマッチしたレッスンを取り入れている教室を選びましょう。

レッスンのなかで一般的なものとして、「テキスト学習」や「フラッシュ暗算」があります。それぞれの特徴は、以下の通りです。

珠算の王道「テキスト学習」

テキスト学習はそろばん教室のレッスンのなかで、もっとも一般的なもの。珠算や算数の基本を覚えるのに、最適なレッスン方法といえます。

まだ数字に慣れていない子どもや、初めてそろばんに挑戦する方などは、テキスト学習を取り入れている教室がおすすめです。

珠算の基礎をテキスト学習でしっかり固めることで、より難しい問題にも挑戦できる実力が身につきます。

講師からの的確なフィードバックを得られやすい点も、テキスト学習のメリットです。

暗算力アップなら「フラッシュ暗算」

モニターに映し出されるいくつもの数字を、頭のなかで足していくのがフラッシュ暗算。

ほかのレッスンと違いゲーム感覚で取り組めることから、教室によっては息抜きとして取り入れている場合もあります。

楽しみながら暗算力や記憶力、そして集中力などが鍛えられるレッスンです。

上達すると、どの程度の暗算ができるようになるのか、YouTubeなどで観てみるのもよいでしょう。

③検定や大会の有無をチェック

札幌のそろばん教室の選び方

珠算・暗算には、昇級・昇段をするための検定や、実力を競いあう大会があります。

教室によって検定・大会に参加できるかどうかが異なるため、入会前に確認しておきましょう。

特に小学校受験や中学受験を考えている子どもの場合、段位を取得したり、大会で上位入賞したりすると、受験でのアピールポイントになります。

それを目的とする場合は、検定・大会に向けた特訓をおこなっている教室もおすすめです。

④講師の質・カリキュラム重視なら連盟所属の教室を

札幌のそろばん教室の選び方

そろばんに意欲的に取り組み、かつ上達を果たすためには、講師の質やカリキュラムの内容も重要になってきます。

判断材料のひとつとして、そろばんに関連した連盟に所属しているかどうかをチェックしてみましょう。連盟に所属しているということは、一定の質が担保されていると考えられます。

連盟には「全国珠算教育連盟」や「日本計算技能連盟」などがあり、いずれかの連盟に所属している場合は教室のホームページに記載されています。

⑤月謝や通える回数・レッスン時間も確認しよう

札幌のそろばん教室の選び方

費用のチェックも忘れてはなりません。そろばん教室へ通うためには、入会金(初回のみ)・月謝・テキスト代などの支払いが必要になります。

そして月謝の相場は、4,000〜10,000円ほど(週2〜3回、1回1時間の場合)

月謝は通う回数によっても異なるため、入会前にしっかり確認しておきましょう。

よりスピーディーな上達を目指すなら、1か月のうちで通える回数が多く、かつ1回あたりのレッスン時間が長めの教室がおすすめです。

なかには“定額で通い放題”という教室もあり、そろばんを習う場所としてだけでなく、子どもが放課後に安心して過ごせる場所としても利用できます。

札幌のそろばん教室おすすめ8選|テキスト珠算のほかフラッシュ暗算の教室も紹介

ここからは、札幌にあるおすすめのそろばん教室をご紹介します。初心者でも気軽に入会でき、費用も良心的な教室を厳選しました。

手稲珠算学校

札幌市手稲区に複数の教室をもつ「手稲珠算学校」は、全国珠算教育連盟の指定教場であり、日本珠算連盟にも加盟しているそろばん教室です。

未就学児からを対象に、創立50年以上のノウハウを活かした独自教材を用いて授業をおこないます。

指導方針は、徹底的に基礎を固めることと、暗算力の強化に注力すること。有段者の講師たちが、子どもに寄り添った指導をおこなっています。

入会金は3,300円で、月謝は6,600円(月10回)。毎週通えない方向けに、「回数券授業コース」も設けています。


▶教室の詳細はこちら

伏見珠算教室

札幌市中央区にある「伏見珠算教室」は、慶応義塾や早稲田大学など、難関校への合格者を育成してきたそろばん教室。

未就学児からを対象に、「自立と自律!」を目標とした珠算・暗算の指導を実施しています。

レッスンは週2回を基本としながら、希望者は週3回以上参加することも可能。本気で上達したい子どもにも適した教室です。

入会金が4,840円で、月謝は6,050円(週2回)、または7,700円(週3回以上)。

入会金無料のキャンペーンや各種割引制度があるため、料金の詳細は直接お問いあわせください。


▶教室の詳細はこちら

アサヒ珠算塾

札幌市の中央区・豊平区にいくつもの教室を展開している「アサヒ珠算塾」は、「明るく」「たのしく」がモットーのそろばん教室です。

講師や仲間たちとのコミュニケーションを楽しみながら、いつでもポジティブな気持ちで学習できます。

全国珠算教育連盟から認定を受けた教室であり、数多くの段位取得者を育成している点も強みです。

入会金が4,400円で、月謝も4,400円から。通う回数によって月謝の金額が変わります。

無料体験授業も受けつけているため、まずは教室の雰囲気を確かめてみましょう。


▶教室の詳細はこちら

新琴似珠算学校

札幌市北区と中央区に2つの教室をもつ「新琴似(しんことに)珠算学校」は、珠算式暗算の指導に力を入れているそろばん教室です。

幼児の段階から入会でき、確かな実力をもつ講師が珠算式暗算の基礎をしっかりと定着させます。

レッスンは週2回(月8回)で、平日は15:30〜20:30までの長い時間に渡って教室を開いているのが、利用しやすいポイントです。

送迎が必要な子どもや、部活で忙しい子どもでも、無理のないスケジュールで通い続けられます。

入学金は5,500円、月謝は6,710円。これには教材の費用も含まれています。


▶教室の詳細はこちら

札幌そろばんファクトリー

札幌市白石区にある「札幌そろばんファクトリー」の強みは、“大人になっても使える暗算力”の養成を重視した指導です。

基本的には小学1年生以上を対象としながらも、「ひとりでトイレに行けること」「50分間じっと座っていられること」などの条件を満たしていれば、幼児でも入会できます。

火〜土曜日まで開講しており、平日は15時から20時の間で1時間ごとに6個のコマがあり、好きなコマの時間帯に受講可能です。

入会金は5,000円で、月謝は7,000円(週2・3回)から。月謝11,000円で回数無制限のコースも用意しています。


▶教室の詳細はこちら

久保田珠算学校

札幌市西区と中央区に教室を構える「久保田珠算学校」では、珠算・暗算に加えて、算数の文章問題や筆算の指導もおこなっています。

対象年齢は幼稚園の年長以上で、授業においては一人ひとりの理解度を考慮したきめ細かな指導が持ち味です。

フラッシュ暗算にも取り組めるため、記憶力や瞬時の計算力を強化したい方にもおすすめ。

授業時間が決められておらず、好きなタイミングで通えるのも大きな特徴で、学校の終わる時間が不規則な子どもでも気軽に通えます。

入会金が4,000円で、月謝は7,000円(週3回)。無料体験入学や見学を随時受けつけています。


▶教室の詳細はこちら

宮の沢珠算学院

「宮の沢珠算学院」は札幌市西区に3つの拠点をもち、幼稚園の年長以上を対象とするそろばん教室。

珠算・珠算式暗算・フラッシュ暗算の指導をおこなっており、特に珠算式暗算の実力向上を大切にしている点が特徴です。

通常の教材に加えて、一人ひとりに最適化したオリジナル教材も活用しています。

実力テストを毎月実施しているため、自分がどれだけできるようになったのか、逆にどの部分がまだできていないのかを確かめながら成長できる場所です。

入学金は5,500円で、月謝が7,150円。キャンペーン中は入学金が無料になります。


▶教室の詳細はこちら

パワーっこクラブ

「パワーっこクラブ」は札幌市を中心に、北海道内に数多くの拠点をもつそろばん教室。

教室数が多いだけに自宅から近い場所を選びやすく、子どもにとっては負担を感じることなく通うことができます。

「パワーっこクラブ」が掲げる指導方針は、“十の指導よりも一つの基本の理解を目標とする”。

研究を重ねてつくったオリジナルの教材と、やさしく丁寧な指導で、珠算・暗算の上達をサポートします。

入学金が4,730円で、月謝も4,730円(週1回)から。週2回・週3回のコースもあり、週1回よりもお得にそろばんの指導を受けられます。


▶教室の詳細はこちら

そろばんの6つの効用

そろばんを用いた学習を続けることで、以下の6つの能力が向上するとされています。

これらの能力は勉強で活かされるだけでなく、実生活や仕事でも役に立つものばかり。

学校の成績アップが見込めるだけでなく、いわゆる“地頭のよさ”にも影響します。

高度な集中力・正確さ・スピードが求められるそろばんは、子どものみならず、大人の脳トレとしても非常に有効です。

この機会に、子どもと一緒に挑戦してみてはいかがでしょうか?

まとめ

札幌には、そろばん未経験の子どもでも楽しく通える教室がたくさんあります。

そのなかから、より理想的な教室を見つけるためには、選び方のポイントを押さえておくことが大切です。

今回の内容を参考に、子どもにぴったりのそろばん教室を見つけてください。

※各教室情報は、公式ホームページを元に作成しております。掲載内容に関するご要望は、お手数ではございますがお問い合わせフォームよりご連絡ください。万が一内容に齟齬がございました際は、早急に修正・削除対応をおこないます。