「医学部受験MEP」を取材!医学部合格を勝ち取るための効率的な学習スタイルとは?

「医学部受験MEP」を取材!医学部合格を勝ち取るための効率的な学習スタイルとは?の画像

医学部受験は大学受験のなかでも最難関といわれ、合格率13%の狭き門です。子どもに医学部に進んでほしいと考えている保護者のなかには、その低い合格率を不安に思っている方が多いのではないでしょうか。

そんな医学部受験を専門とする予備校が大阪市北区にある「医学部受験 MEP」です。

生徒一人ひとりに合わせたオーダーメイドの指導を小学生から受けることができ、浪人生から入塾しても、ほとんどの生徒が1年で合格するといいます。

今回はそんな医学部受験 MEPの塾長である長谷川 弘一さんにお話をうかがいました。

子どもにぜひ医学部に進んでほしいと考えている保護者の方はぜひご覧ください。

  1. 小学生から受講可能!完全オーダーメイドの授業
  2. 一人ひとりに最適なオーダーメイドカリキュラムを作成
  3. これからも生徒のために何ができるかを突き詰めたい
  4. すべての人のやる気と思いを合格に向けたパワーへ

小学生から受講可能!完全オーダーメイドの授業

医学部受験MEP

ー本日はよろしくお願いいたします。まずは「医学部受験 MEP」の概要を教えてください。

長谷川 弘一さん(以下、長谷川):「医学部受験 MEP」はその名の通り、医学部受験・合格のための予備校です。形態としてはプロ家庭教師派遣と完全個別指導予備校、そしてオンライン授業の3つを持っています。

MEPの特徴は中学入試の段階から医学部受験を見据えたサポートをおこなっている点です。

医学部入試は数ある大学入試のなかでも最高峰といえるものであり、通常の大学入試のように高校2年生の夏頃から受験対策を始めたのではなかなか間に合いません。

保護者の方のなかには、子どもが生まれたときから医学部に進路を決めている方も多くいらっしゃいます。

そこで当塾では、小学生の段階から医学部の受験を見据えた形で指導をおこなっているのです。

一般的なケースですと、小中学生に対しては家庭学習の習慣づけを兼ねて家庭教師を派遣して指導をおこない、高校生以上の生徒に対しては、希望や学習進捗状況に応じて家庭教師または通塾での個別指導をおこなっています。

MEPの強みは4つあります。まず1つ目が「生徒の学習状況に合わせた完全個別授業」、2つ目が、「生徒一人ひとりに合わせた個別カリキュラムやロードマップの作成」、3つ目が「経験豊富で多彩な講師陣」、そして4つ目が「スタッフによる時機に応じた受験サポート」です。

まず完全個別授業については、生徒はそれぞれ勉強の履修速度が異なり、また得意・不得意分野も異なることから、やはり1対1の授業が最適でしょう。

一般的な集団で受ける授業の場合、頑張ってたくさんの授業を受けたとしても授業について行けず、消化不良になることが多いです。これに対してMEPでは2番目の強みであるカリキュラムやロードマップの個別作成によって、すべての授業を実のあるものにしています。

3番目の講師陣に関しては、経験豊富な講師を厳選して採用しているのが特徴です。京大医学部をはじめとする国公立医学部出身者、京大・阪大など難関大学の大卒・院卒・博士課程修了者が多数在籍しています。

単に学歴が優れているだけではなく、大手予備校や進学塾等での指導経験が長く、かつ人当たりがよく、人格的に生徒を引っ張っていける人を選んでいます。選抜基準はかなり厳しく、医学部受験生を任せるに足る講師ばかりです。

そのなかから生徒との性格的な相性や学習スタイルを考慮し、個別に担当講師を設定しています。

しっかりとしたマッチングにより、これまで学習上のトラブルはほとんど起こっておらず、一度担当を決めたらそのまま受験まで継続するケースが大半です。

また、MEPでは講師だけではなく、スタッフも受験情報に精通しています。

医学部は国公立と私立を合わせて全国に82校あり、それぞれ入試科目や配点、難易度が異なります。また、入試内容の変更も頻繁におこなわれるため、それらを常にウォッチし最新情報に基づいた学習アドバイスと受験サポートをおこなうことが重要です。

塾長である私自身も京大理学部大学院を修了し、20年以上医学部受験生をサポートしてきました。

授業以外にも自ら質問対応などの学習サポートを常時おこなうという、高レベルなサポート体制を取っています。

スタッフも慶應など有名大学卒ですので、担当講師とともに二重三重に優れた指導ができる体制を整えています。

一人ひとりに最適なオーダーメイドカリキュラムを作成

医学部受験MEP

ーカリキュラムや料金について教えてください。

長谷川:カリキュラムはすべてオーダーメイドです。

まず、それぞれの生徒の学習状況に応じて必要と思われる授業数を提案し、各家庭との相談で授業計画を決定します。

さらに、授業を受ける場所や使用するテキストもオーダーメイドで決めるのが特徴です。

MEPでは生徒一人ひとりの学習スタイルを尊重しており、毎日朝から晩まで通塾して頑張っている生徒もいれば、普段は予備校などで集団授業を受け、必要な科目だけMEPで個別授業を受ける生徒もいます。

料金については、入会金は家庭ごとに1回のみ、一律5万円です。たとえば一度授業を終了して期間を空けてからの再開や、兄弟姉妹のご入会の際は入会金はいただきません。

授業料は教室での指導や家庭教師、オンライン授業など形態を問わず1時間1万円をいただいています。ほかの塾に比べると高いと感じるかもしれませんが、MEPでは質の高い講師を揃えるために講師への手当を手厚くしており、お支払いいただいた料金に見合う指導が可能です。

またオプションとして、専用自習室の固定割り当てを月額3万円、こまめな学習進捗管理や自習の管理を月額6万円、内部テストや外部の模試の結果を管理しそれに基づく指導を月額2万円で用意しています。

これからも生徒のために何ができるかを突き詰めたい

医学部受験MEP

ー今後の展開について、新たなコースやサービスの予定がありましたら教えてください。

長谷川:MEPでは常に生徒第一で学習環境の構築に努めており、今後もこの姿勢に変わりはありません

MEPの価値は通常の学習では不可能な成績向上を実現し、1年でも早く医学部に合格する、あるいは目標より1ランク、2ランク上の大学に合格するところにあります。

実際、MEPに浪人生から入会した生徒のなかにはとんでもない成績の人が結構いるのですが、それでも1年で医学部合格を勝ち取るという光景が毎年見られます。

これはMEPが誇る講師の質、授業の内容、学習管理による自習の充実度、家庭への情報提供やサポートがすべて機能した結果といえるでしょう。

これからも生徒のために何ができるかを突き詰めていきたいですね。

今後の展開としてはオンライン授業を積極的に活用することを考えています。

新型コロナウイルスの流行という側面もありますが、通塾にかかる時間が不要になることから時間の効率的な活用という面でもオンライン授業は有効と考えており、ご要望に応じて対応していきたいです。

すべての人のやる気と思いを合格に向けたパワーへ

ー最後に読者や入塾を検討されている方に向けてメッセージをお願いします。

長谷川:医学部受験はその難易度の高さから、合格のためにかなりの努力を必要とします。

ただ一般的には、その努力が100%合格に向かっているとはいえないのが現実です。MEPはその努力を最大限活かせるように指導をおこないます

今の成績はまったく関係ありません。極端なケースですが、浪人生で偏差値40から1年で合格を勝ち取ったケースもあります。

大事なのはやる気と努力であり、気持ちさえ持っていてくれればMEPがその気持ちを支え、最大限活かし、合格に向けたパワーに変えます。

1年でも早く医学部に入りたい、ぜひ医学部に合格したいという気持ちが強い人はぜひMEPを選んでください。

また、現役生は学校の授業も大事にしてほしいです。よく学校を軽視し、塾一辺倒で頑張っている生徒がいますが、せっかく学校が良い学習の時間を作っているのですから、それを利用しないのはもったいないです。

MEPでは学校も含めそれぞれの生徒の学習環境全体を踏まえ、無駄が出ないようリードします。

浪人生は学習の分量と効率の両立が大切だと考えています。MEPではとにかく無駄が出ないよう、生徒ごとにメリハリを持って学習全体をコーディネートするので頼りにしてほしいですね。

お問い合わせや資料請求は電話のほか、ホームページからもできますのでいつでもお気軽にお問い合わせください。

ー本日は貴重なお時間をいただきありがとうございました。

■ 取材協力:医学部受験 MEP