「帝医オンライン予備校」を取材!日本トップクラスの講師による授業とは?

「帝医オンライン予備校」を取材!日本トップクラスの講師による授業とは?の画像

効率よく成績を上げたい!とにかく“高学歴”の先生に教えて欲しい!と願う方もいるでしょう。

今回は日本でもトップクラスの高学歴講師による質の高い授業を提供する「帝医オンライン予備校」塾長の深堀 博子さんにお話を伺いました。

効率よく成績を上げたい方、合格後には楽しいご褒美が欲しい!という方はぜひご一読ください。

  1. どこからでも受講が可能なオンライン予備校
  2. 国内最高クラスの講師による指導
  3. 一人ひとりの学習スタイルに合わせたレッスン
  4. 効率よく、劇的に成績を伸ばす

どこからでも受講が可能なオンライン予備校

帝医オンライン予備校

―本日はよろしくお願いいたします。まずは、「帝医オンライン予備校」がどのような塾なのか教えてください。

深堀 博子さん(以下、深堀):帝医オンライン予備校は、高学歴講師によるハイクオリティな授業を提供するオンライン予備校です。

対象は高校生、浪人生と社会人の方で、全教科に対応しております。

全レッスンをオンラインでおこなっており、ご自宅での授業になりますので新型コロナの感染対策としても安心して受講していただくことが可能です。

スマートフォンやタブレット、PCを利用した個別指導eラーニングとなり、各自が専用のプラットフォームを使い、講師と生徒の両方で質問添削がおこなわれます。

したがって、一方的な映像配信ではなく、双方向でコミュニケーションが可能です。何かわからないことがある場合は、いつでも気軽に担当講師に質問ができます。

生徒一人ひとりの質問内容は毎日海外でバックアップされるので、日本の主要都市が災害にあってもデータが消えることはありません。

国内最高クラスの講師による指導

帝医オンライン予備校

―他社にはない、「帝医オンライン予備校」の強みについて教えてください。

深堀:
塾長である私は、コロンビア大学など多数の大学にも合格しており、日本の塾業界においても国内最高クラスの学歴だと自負しています。これは当塾の強みでもあるでしょう。

ボストン大学をスキップで卒業し、ハーバード大学、オックスフォード大学、スタンフォード大学など数々の一流大学でオンラインコースを受講し修了証も授与されています。

そのため、ハイクオリティな授業を提供することが可能で、
E判定の学生も多数、医学部に合格させています。E判定からの医学部合格実績は国内トップクラスだと思います。

新型コロナ収束後には、素敵なレストランで無料の合格パーティーを開催する予定です。

―採用されている講師について教えてください。

深堀:
帝医オンライン予備校の講師には、国内トップレベルの学歴を持ち、多数の合格実績がある講師がふさわしいと考えておりますが、そのような優秀な人材には限りがございますので、通常は塾長である私が生徒全員のコーチングをおこない、東大生と医大生にアシスタントをお願いしております。

一人ひとりの学習スタイルに合わせたレッスン

帝医オンライン予備校

―カリキュラムと料金について詳しく教えてください。

深堀:
プライベートeラーニングは1科目1万円(税込)です。低価格でハイクオリティなのが特徴です。

完全個別指導となっており、一人ひとりの学習スタイルに合わせて指導内容を相談、決定しています。

苦手科目克服や学校内順位アップ、志望校合格等、各自の目的に沿った最適な学習方法をご提案いたします。

レッスンはアットホームな雰囲気でおこなわれているため、生徒にとっては質問がしやすい環境といえるでしょう。

365日24時間、専用ページにて質問することができます。

―今後、新たなコースやサービスなどのご予定がありましたら教えてください。

深堀:
3月からは新たに医学部学士入学対策、 社会人学士入学対策の「e-learning」もスタートします。

また、アパートが必要な生徒には専用の学生アパート(女性専用)もお家賃39,000円(家具・家電・食器込み)でご用意しております。

効率よく、劇的に成績を伸ばす

帝医オンライン予備校

―最後に入塾を検討している読者に一言メッセージをお願いします。

深堀:何から手をつけたらよいのかわからない、効率よく学習したい、優れた講師に会いたいなど、現状を改善したい方はぜひご連絡ください。

効率的、かつ正しい勉強の方法を知るだけで、劇的に成績は伸びます。入塾時には想像もつかなかった最高の結果を出して、合格後、ともに笑いあえることを楽しみにしております。

合格パーティーでのドレスは無料で貸し出しいたしますので、こちらもぜひ楽しみにしていただけたらと思います。


ー本日は貴重なお話をありがとうございました。


取材協力:帝医オンライン予備校