幼児・小学生のための英語教室「サキッズイングリッシュ」英検受験の力がつく指導内容とは

幼児・小学生のための英語教室「サキッズイングリッシュ」英検受験の力がつく指導内容とはの画像

子どもの習い事で人気の「英会話」や「英語教室」。保護者の方の中には、お子さんに英語を習わせたい方もいるのではないでしょうか。

岡山県倉敷市にある「サキッズイングリッシュ」では、将来の大学受験を見据えた指導をおこなう英語教室。幼児から小学生まで、たくさんのお子さんが楽しく英語を学んでいます。

今回は、「サキッズイングリッシュ」の講師、岡 由江さんにレッスン内容についてお話を伺いました。

岡山で英語教室をお探しの方はぜひご一読ください。

  1. レッスンを通じて将来役立つ力を身につける
  2. 年齢と発達段階に応じた学習カリキュラム
  3. 小学生のうちに英語の土台作りを

レッスンを通じて将来役立つ力を身につける

英語教室「サキッズイングリッシュ」の授業の様子

―本日はよろしくお願いします。早速ですが「サキッズイングリッシュ」はどのような塾でしょうか?

岡 由江さん(以下、岡):
「サキッズイングリッシュ」は、幼児から小学生を対象にした英語教室です。

もともと学習塾の中で作った英語教室ですので、大学受験を見据えた指導をおこなっています。大学受験というのは、共通テスト、それから国立であればそれぞれの大学の二次テストになります。

というのも、今年からセンター試験が共通テストに変わり、英語のリスニングの配点が20%から50%に割合が増えたんですね。リスニングの割合もそうですが、今後は英検のような外部入試がそのまま共通テストの点になる可能性があります。

入試における英語のリスニングや英検の比重が高くなることを踏まえ、小学生のうちから英検にどんどんチャレンジしてもらっています。小学6年生で3級を取得する子がけっこういるんですよ。

小学生向けの英語教室で、大学受験を見据えた勉強ができて、それと並行して英検にも力を入れている塾って、あるようで意外とないと思うんです。ですので、そこが「サキッズイングリッシュ」の1番の特徴だと思っています。

年齢と発達段階に応じた学習カリキュラム

英語教室「サキッズイングリッシュ」の授業の様子

―各コースの内容を教えてください。

岡:
幼児コース」は、年中・年長(4~5歳児)を対象に、週1回50分のレッスンをしています。

2年間のカリキュラムを通じて、自分のことや自分の意思、身の回りのことをセンテンス(1文程度)で言えるようになることを目標に、小学生コースの土台づくりとして「表現する」「話す」ためのたくさんのインプットをおこないます。

未就学児は音声に対して耳が敏感で、聞いた音をすぐにまねすることができます。そうした子どもの特性を踏まえて「よく聞く」→「声に出す」→「自分のことを話す」の3ステップを基本に、朝起きてから寝るまでの1日の流れや、子どもたちに身近な場所、場面の中で自然と英語で話したくなるようなアクティビティをレッスンで実践しています。

それから、アルファベットの文字を音声化できるように、初歩的なフォニックスを取り入れています。文字と音のつながりの基礎を学ぶことで、聞こえた音とアルファベットの関連性の理解を深めて発話に結びつけることができるんです。

幼児コースの2年目になると、英語特有の音やリズムに慣れて、先生の指示を聞いて反応できたり、先生や友達と簡単なやりとりができるようになりますよ。

小学生コース」は、小学生を対象に週1回50分のレッスンをおこなっています。

小学校低学年は、聴覚が敏感で知識欲が旺盛な時期ですので、映像・音声教材と連動したテキストで、新しい単語や表現を理解、定着させながら、英語を自分のことばとして「伝える力」を身につけていきます。

また、この時期から学んだ音のイメージを文字につなげられるように、小学生コースの3年目まではフォニックスの指導もおこないます。

小学校高学年の子どもたちは知的興味が芽生える時期ですので、今まで積み重ねてきた英語の基礎力を生かしながら知的好奇心を満たし、さらなる英語力の育成を目指したカリキュラムにしています。

「聞く、読む、書く、話す」をバランスよく身につけ、「考える力」や「伝える力」を養い、しっかり将来の受験に役立つ力をつけていくよう目指して指導しています。

小6 中学英語準備コース」は、小学6年生の1年間をフルに使って、中学校で主要教科としてはじまる英語が得意になるようなカリキュラムで進んでいきます。

このコースでは英検取得にも力を入れていますので、英検当日まで10回の「英検対策講座」を無料で受講できます。(※コース受講生でない場合は別途料金がかかります)

―教室に通われているお子さんの反応はいかがですか?

岡:
子どもたちは「レッスンが楽しい!」とよくいってますね。保護者の方からは「子どもの英語の発音が良くなった」「積極的になった」などの感想をよくいただきます。

「サキッズイングリッシュ」の卒業生は、そのまま同じ系列の「咲塾」に入塾することが多いんですが、中学や高校の定期試験などで高得点を取っていますね。

去年、高校生だった生徒は、3年生のときに英検で準1級を取得しました。志望した大学に見事合格して、今大学1年ですが、サキッズイングリッシュで講師をしています。やはり英検取得が大学受験に有利になる点は大きいと思いますね。

小学生のうちに英語の土台作りを

英語教室「サキッズイングリッシュ」の授業の様子

―今後開催される予定のイベントがあれば教えてください。

岡:
3月に体験会を実施する予定です。無料体験授業は随時おこなっていますので、お気軽にお問い合わせてください。

生徒募集の案内については、公式サイトで最新の情報がご覧いただけます。

―最後に、入塾を検討されている読者の方に一言メッセージをお願いします。

岡:
まずは英語を好きになってもらう。小学生のうちに英語の土台をしっかり作ってもらって、中学校高校で英語が得意になって、英語が好きになってもらう

それを念頭に置いて、講師全員が子どもたちに指導しています。

ゆくゆくは英検も取得していきながら、英語力をつけたいと思われている方にはピッタリの英語教室だと思っていますので、ぜひ「サキッズイングリッシュ」に来ていただけたら嬉しいです。

ー本日は貴重なお話をありがとうございました。


■取材協力:サキッズイングリッシュ