「NPO法人 都城ぼんちスポーツクラブ」とは?子ども向けスポーツ教室で遊びながら健康・体力向上を目指そう

「NPO法人 都城ぼんちスポーツクラブ」とは?子ども向けスポーツ教室で遊びながら健康・体力向上を目指そうの画像

年齢に関係なく、健康維持のためには適度な運動が不可欠です。「人生100年時代」ともいわれる昨今、体を動かす習慣は生涯を通しての財産となるでしょう。

しかし世の中には「運動が苦手」と感じる方もいます。そのため子どもには、なるべく小さいうちからスポーツに慣れ親しませて、運動に対する苦手意識を取り除いておくといいかもしれません。

今回は、宮崎県都城市で子ども向けのスポーツ教室運営などをおこなう「NPO法人 都城ぼんちスポーツクラブ」の総務課長・尾曲 ともみ(おまがり ともみ)さん、事業課長・神河 美樹(かみかわ みき)さんにお話を伺いました。

都城市内にお住まいの方、子どもの健康・体力向上を目指したい方は、ぜひ参考にしてみてくださいね!

  1. 「市民の健康寿命を伸ばすこと」を理念とした活動
  2. スポーツの楽しさを感じられる「さくらスマイルキッズ」
  3. 親子体験会、パークゴルフ、マラソンなどイベントが充実!
  4. 大人になっても運動を楽しく続けてもらいたい

「市民の健康寿命を伸ばすこと」を理念とした活動

都城ぼんちスポーツクラブ1

ー本日はよろしくお願いします。まずは「NPO法人 都城ぼんちスポーツクラブ」の設立経緯と活動内容を教えてください。


尾曲 ともみさん(以下、尾曲):「NPO法人 都城ぼんちスポーツクラブ」は、日本体育協会の総合型スポーツクラブ育成推進事業を受け、平成17年度に設立準備をスタートさせました。

その後、平成19年に総合型地域スポーツクラブ「いきいき倶楽部」として立ち上がりましたが、当時は都城市との合併前で「高城」という町であったことから「高城スポーツクラブ」に名称変更しました。

そして平成22年10月に法人格を取得し、平成30年に現在の名称となり今に至ります。

当クラブは「人づくり 生きがいづくり 健康づくり 仲間づくり そして活力のあるまちづくり」をモットーに、子ども向けの教室やイベント開催事業を実施しています。また、これらの事業は市からいくつかの体育施設の指定管理を受託することにより、各体育施設の有効活用が可能となり、効率的に事業を実施することができます。

健康・体力の向上により「市民の方々の健康寿命を伸ばしていこう」という理念のもと、各事業をおこなっています。

スポーツの楽しさを感じられる「さくらスマイルキッズ」

都城ぼんちスポーツクラブ2

ー具体的にどのような教室を運営しているのかをお聞かせください。


神河 美樹さん(以下、神河):さくらスマイルキッズ」という子ども向けのスポーツ教室を開催しています。

4歳から小学生までを対象に「スポーツ教室」「水泳教室」「バレエ教室」の3クラスを用意していて、いずれも遊びながらスポーツの楽しさを覚えていくような内容です。

スポーツ教室は4歳から6年生までと年齢の幅があるので、「4歳~小学1年生の部」「小学2~3年生の部」「小学4~6年生の部」に分けてレッスンをおこないます。

小さい年代のクラス(4歳~小学1年生の部)では鬼ごっこやトランポリン、中学年のクラス(小学2~3年生の部)では走る運動をメインで取り入れることが多いですね。ちなみにトランポリンは全学年でおこないます。

高学年(小学4~6年生の部)は中学校での部活動の準備段階として、サッカー・バレー・バトミントンなどのなかから興味のある競技を選んでやってもらっています。

水泳教室とバレエ教室は、外部委託での運営です。

水泳教室は近くのプールで開催しており、小学1年生から6年生まで受け入れています。バレエ教室は未就学児から高校生までを対象にバレエの先生が教えていて、年1回の発表会も開催しているんです。

また、さくらスマイルキッズとは別に、一般の方向けの「一般教室」もおこなっています。

一般教室では、生後2ヵ月くらいからの未就学児と保護者の方が一緒に参加できる「親子ビクス教室」などを開催中です。

ー「さくらスマイルキッズ」は週に何回開催していますか?


神河:クラスによって開催頻度と曜日が異なります。

スポーツ教室は月曜日クラス・火曜日クラス・水曜日クラスの3クラスがあり、月曜日・水曜日クラスは月2回、火曜日クラスのみ月3回となっています。

水泳教室は木曜日・金曜日で月2~3回、バレエ教室は毎週火曜日・木曜日・金曜日におこなっています。

どのクラスも人気があり、キャンセル待ちが入る場合も多いんです。

親子体験会、パークゴルフ、マラソンなどイベントが充実!

都城ぼんちスポーツクラブ2

ー今後開催を予定しているイベントがありましたら教えてください。


神河:さくらスマイルキッズのスポーツ教室で、11月に親子体験会をしようと考えているところです。

レッスンの日に保護者の方にも来ていただき、お子さまと一緒に体験してもらいたいと思っています。

また来年の1~12月を通して、パークゴルフ大会の開催も企画中です。こちらは大人がメインのイベントではありますが、お子さまと一緒にコースを回ることが可能になっています。

パークゴルフは一般的なゴルフと違ってクラブは1本のみを使います。転がすボールもホールも大きめになっているので、小さい子どもから年配の方まで楽しめるんです。

それから、毎年3月開催予定の「都城市さくらマラソン」も子どもの参加が可能です。マラソンの場合、親子の部ではベビーカーを押しながら歩いて参加される方もいるくらいなんですよ。(令和4年3月の開催は中止)

子どもたちだけでできるイベントから親子でお申し込みいただけるイベントまであるので、参加していただけると嬉しいですね。

大人になっても運動を楽しく続けてもらいたい

都城ぼんちスポーツクラブ4

ー「NPO法人 都城ぼんちスポーツクラブ」の今後の展望をお聞かせください。


尾曲:当クラブは市民の健康や体力の向上を目的としています。子どもたちに小さいうちから体を動かす体験をしてもらい、大人になってからも運動を続けてもらえるようにしたいと考えていますね。

そのために、今後も生涯スポーツの振興、競技スポーツの強化支援、地域コミュニティおよび憩いの場の創造を基本に活動していきます。

子どものころに体験した運動が70歳や80歳になってからもできるようサポートできたらいいなと思います。

ー最後に読者の方へ一言メッセージをお願いします。


神河:最初から「運動が苦手」と思い込んでいるお子さまは多いのですが、教室に参加してみて「この運動ならできる!」と気づいていくケースが今までにたくさんありました。

そのため運動が苦手な方にもぜひ教室に通っていただいて、自分に合った運動やスポーツを見つけてもらいたいと願っています。

ー本日は貴重なお話をありがとうございました!


■取材協力:NPO法人 都城ぼんちスポーツクラブ

TOPへ戻る