武田塾での浪人がおすすめな理由とは?浪人を成功させる方法や年間費用を徹底解説!

武田塾での浪人がおすすめな理由とは?浪人を成功させる方法や年間費用を徹底解説!の画像
武田塾は自分のペースで勉強ができて難しいスケジュール管理もおこなってくれるので、浪人生にとくにおすすめの予備校です。

現役での大学入試に落ちてしまった場合、浪人をして再受験を目指す人も多いと思いますが、その場合どこでもしくはどのように浪人するかは非常に重要なポイントです。自宅で学習する人、予備校に通う人それぞれいると思いますが、どちらの場合も本当に自分に合った受験勉強ができているのか不安になることも多いでしょう。

武田塾なら、自分のレベルに合った参考書や勉強法を提案してくれるので、そういった不安もありません。しかし、ただ通えばよいというわけではなく、自己分析をしたり自分のレベルにあった参考書を完璧にしたりする必要がありますし、自分なりに工夫をして1日に9時間ほどの自習時間を確保する必要もあります。

今回は、武田塾が浪人生におすすめな理由や武田塾で浪人して成功する方法などについて、説明します。
  1. 武田塾が浪人生におすすめな理由
  2. 武田塾で浪人して成功する方法
  3. 武田塾の浪人生は1日どれくらい勉強する?
  4. 武田塾で浪人する際にかかる年間費用
  5. 武田塾で浪人することについてのまとめ

武田塾が浪人生におすすめな理由

浪人生にとって、受験までに残された1年という期間は短く貴重なものなので、その間に効率よく学力を上げることが求められます。

そのような事情を抱える浪人生にとって武田塾がおすすめな理由としては、以下のようなことが挙げられます。
それぞれについて、以下で説明します。

偏差値が低くても逆転合格できるノウハウがある

多くの予備校では授業のレベルが細かく設定されており、たとえば「偏差値40の生徒を1年かけて偏差値50にする」ために授業のカリキュラムが組まれています。そのため、その授業のカリキュラムにうまくはまる生徒にとっては、理想的なプログラムと言えるかもしれません。

しかしたとえば「今は偏差値40だけれど1年後に偏差値60の大学を目指したい」というような生徒の場合だと、上述した授業のカリキュラムでは合格は難しいでしょう。

偏差値60の大学を目指したいのであれば「偏差値50の生徒を1年かけて偏差値60にする」ための授業を受ければいいと思われるかもしれませんが、現段階での偏差値が40である以上、その授業では付いていくこと自体難しいと考えられます。

このように、一般的な予備校の授業では偏差値が低い状態から一気に上位大学を目指すことは難しいのが現状です。

しかし武田塾では、すべての生徒に同じカリキュラムを適用するわけではなく、生徒の現在の学力および将来的な目標に沿ったカリキュラムを考えてもらえますし、「講師による授業」ではなく「自学自習」をベースとしているので、偏差値が低い状態から逆転合格するためのノウハウがあります。 

自分のペースで勉強ができる

生徒それぞれに得意・不得意がありますし、学んだことを理解するまでの速度に差があるのも当然なので、ほかの生徒と同じ授業を受けて同じペース・同じ方法で勉強するということが効率的でない場合も多々あります。

その点、武田塾では「自学自習」が中心であり自分のペースで勉強ができるので、それぞれの生徒にとってもっとも効率のよい形で勉強を進められます。

また、「自分のペースで勉強ができている」と実感できることも、生徒のメンタル的には非常に重要です。

難しいスケジュール管理をしてくれる

浪人生は現状の自分の学力と合格に必要な学力の双方を鑑みて、残された1年間でどのような部分をどれぐらい伸ばす必要があるかを考えたうえで、勉強のスケジュール管理をおこなわなければなりません。

しかし、今まで学校や予備校のカリキュラムに頼って勉強をしてきた生徒だと、自分でスケジュール管理をおこなうことができない場合もあります。

また、自分の学力と合格に必要な学力を客観的に判断することが難しいケースもあるでしょう。

武田塾では講師が生徒の学力および志望校を把握したうえで、1年間の勉強スケジュールを組んでくれます。修正が必要な場合は都度修正してくれますので、スケジュール管理に悩むことがありません。

料金体系がシンプル

1年間の浪人は、生徒にとって受験勉強の期間が1年間伸びるという点で重荷ですが、同様に保護者にとっても1年分の予備校代を支払わなければならないという点で重荷になりえます。

予備校に入学する際に入学金と教科書代を支払って終わりかと思いきや、夏期講習や冬期講習を受けるためには別途費用がかかりますし、「ベクトル特講」「古文集中読解」のような特別講義を受ける場合にもお金が必要なケースがあります。

受験シーズン直前になると大学別に対策講義をおこなってくれることもありますが、それもたいがい別途お金が必要になるので、1年間通い続けた結果「こんなにお金がかかるの…?」という気持ちを抱く保護者の方も多いかもしれません。

武田塾では夏期講習や冬期講習・各種特別授業は一切おこなっていないので、1年間通うのに必要な費用は「入会金」「コース料金」、および参考書の購入費用のみであり、非常にわかりやすくシンプルな料金体系となっています。

どれだけお金を積んでも子どもが無事合格できるならそれでいいという保護者の方も多いとは思いますが、いろいろな名目で後から追加でお金を支払う必要がないというのは、保護者にとっての大きなメリットと言えるでしょう。

武田塾で浪人して成功する方法

ここまでお伝えしてきたように、武田塾は浪人生が通うのにおすすめの予備校ではありますが、ただ何となく通っているだけでは学力を伸ばして志望校に合格するのは難しいでしょう。

武田塾で浪人して成功するためには、以下のような点を意識する必要があります。
それぞれのポイントについて、以下で説明します。

自己分析をする

武田塾では自学自習を中心におこなう以上、合格に向けて自分に何が足りないのか、どの教科をどの程度伸ばさなければならないのかを、きちんと認識しておかなければなりません。間違った方向に進んでいっても、決して合格というゴールにはたどりつかないからです。

上述したように武田塾では、講師がそれぞれの生徒を分析して志望校に合わせた勉強スケジュールを設計してはくれますが、生徒自身が自分なりに自己分析をすることももちろん重要です。

レベルに合った参考書を完璧にする

浪人生は「今年必ず合格しないと」という焦りから、少しレベルの高い参考書に手を出してしまいがちです。しかし、レベルの高い参考書は当然中身も難しいので、学力の伴わない状態で挑戦しても、時間を無駄にしたりやる気がなくなったりしてしまうだけです。

「千里の道も一歩から」ということわざもあるように、志望校に合格できるだけの学力を身に付けるためには、自分のレベルにあった参考書を一冊ずつ完璧にするのが最短ルートなのです。

武田塾では参考書一冊を完璧にするために志望校別のカリキュラムを組んでいるので、確実に「わかる」「できる」という状態になってから、一段階上の参考書へと進みます。

自習時間を確保する

繰り返しになりますが武田塾の基本方針は「自学自習」なので、自習時間をしっかりと確保することはマストです。

義務自習のような武田塾でおこなう自習もあるものの、家庭での勉強時間をしっかり確保して自習する習慣を身に付けなければ、武田塾での浪人成功は難しいと言えるでしょう。

武田塾の浪人生は1日どれくらい勉強する?

受験を控えた高3生ともなれば、平日には1日6時間程度は勉強しています。浪人生よりも学力を伸ばす余地のある現役生が1日6時間勉強しているのであれば、浪人生はそれ以上の時間、少なくとも1日8時間~9時間程度は勉強したいところです。

9時間勉強できれば生活リズムが狂ったり徹夜したりしてもよいわけではなく、きちんとした生活を送りながら9時間の勉強時間を確保しなければなりません。実際の入試もほとんどの場合は午前中からスタートするため、正しいリズムで生活していなければ、入試本番で実力を発揮することも難しくなってしまいます。

以下では、浪人生の1日のタイムスケジュールや9時間集中して勉強し続けるためのコツについて、説明します。 

1日のタイムスケジュール

浪人生の理想的な1日のタイムスケジュールは、おおむね以下のとおりです。
~7時
起床
7時~8時
朝食
8時半~11時半
勉強(適宜休憩を取りながら)
11時半~12時半
昼食
13時~17時
勉強(適宜休憩を取りながら)
17時~18時
自由時間(復習に充ててもよし)
18時半~19時半
夕食
20時~22時
勉強(適宜休憩を取りながら)
22時~23時
その日1日の復習
24時~
就寝

ご飯の時間などはそれぞれの家庭によると思いますので、多少時間のズレがあるとは思いますが、朝食・昼食・夕食をはさみながらバランスよく勉強時間を確保することを心がけましょう。

上に挙げたスケジュールでは、復習の時間を除いても1日9時間の勉強時間を確保できていますが、しっかり集中して取り組まなければどれだけ勉強時間を確保してもあまり意味がありません。

ただ、9時間ずっと集中を切らさないのはかなり難しいことなので、何らかの工夫が必要になります。

9時間集中するには

9時間集中して勉強を続けるためには、マンネリ化しないためにも1日中ずっと同じこと(たとえば英語なら英文読解)をし続けるのは避けるべきです。

そのため、たとえば今日は英語・数学・化学をすると決めて、午前中は英語、昼は数学、夜は化学というようにわけて勉強をすると、集中力が続きやすいです。

午前中は英語をすると決めたとしても、先ほどのタイムスケジュールだと午前中の勉強時間は3時間あったため、同じ教科の中でも少しずつ内容を変えるようにするとよいでしょう。最初の30分は単語を暗記して、休憩をはさんだ後は1時間文法をして、残りの時間は長文読解に充てるといったような具合です。

同じ教科でも内容が変われば脳が少しリフレッシュされるので、新しい気持ちで勉強をおこなうことができます。

また、1日の勉強を得意な教科からはじめるべきか苦手な教科からはじめるべきかは、人によって異なります。

得意な教科からはじめることには、勉強に対する気持ちが乗りやすくすいすい進められるというメリットがありますが、そのままその教科だけ勉強して1日が終わってしまい、苦手な教科が手付かずになってしまう可能性があるからです。

反対に苦手な教科からはじめると、1日の後半に得意な教科が残っているので、夕方~夜にかけての勉強のモチベーションを維持しやすいというメリットがありますが、苦手な教科からスタートするがゆえになかなか手を付ける気にならず、勉強時間を無駄にしてしまう可能性があります。

どちらのほうが自分の勉強スタイルや性格に合っているかを判断したうえで、1日の勉強スケジュールを組むようにしましょう。 

武田塾で浪人する際にかかる年間費用

生徒によって必要となるコースがバラバラなので、武田塾で浪人する際にかかる年間費用がどれぐらいかということは、一概にはいえません。

ただ、大手予備校より比較的安めで済むことは間違いなく、年間でおおよそ60万円~70万円程度です。

また先ほども少し触れましたが、武田塾では夏期講習や冬期講習などの特別講習がなく、随時必要となる参考書の購入代金を除けば入学金とコース料金以外には追加でお金を支払う必要がないのも、家計からすればありがたいポイントといえるでしょう。

武田塾で浪人することについてのまとめ

武田塾には偏差値が低い状態からでも逆転合格できるだけのノウハウがあり、自学自習によって自分のペースで勉強ができるので、浪人生が通う予備校としておすすめです。

ただし、浪人生が武田塾に通って学力を伸ばすためには、自己分析をしっかりとおこなって毎日の自習時間を確保しなければなりません。

浪人生は1日9時間程度勉強することが望ましいですが、勉強時間を9時間確保したとしても、集中して勉強に臨めていなければあまり意味がありません。

勉強する内容を適宜切り替えたり、自分の得意な科目からはじめることでリズムよく勉強したりするなど、自分なりに工夫したうえで集中して勉強することを心がけましょう。
TOPへ戻る