完全個別指導が強みの「個別指導塾Link」を取材!保護者のケアも手厚いその指導とは?

完全個別指導が強みの「個別指導塾Link」を取材!保護者のケアも手厚いその指導とは?の画像

子どもが成長するなかでさまざまな壁に当たることがありますが、受験はそのなかでも大きな壁の1つでしょう。

「受験を含めた壁を越えるには、子どもと家庭が一緒の方向を向いていることが重要」
だと「個別指導塾Link」の塾長である溝渕 健太さんは語ります。

個別指導塾Linkでは子どもと家庭が同じ方向を向けるよう保護者へのケアを手厚くし、保護者が子どものことを理解し一緒に頑張れるようサポートしているとのことです。

もちろん生徒のケアもしっかりしており、ただの個別指導ではなく「完全」個別指導と呼ばれる体制を取っています。

子どもをより理解し、一緒に壁を越えたいと考えている保護者の方はぜひご覧ください。

  1. 完全個別指導と手厚い保護者ケアが特徴
  2. 講師の採用だけでなく育成にも注力
  3. 夏にお得な入会キャンペーンを予定
  4. 子どもと家庭で同じ方向を目指してほしい

完全個別指導と手厚い保護者ケアが特徴

講師と生徒の個別授業風景

ー本日はよろしくお願いいたします。まずは「個別指導塾Link」の概要と特徴について教えてください。

溝渕 健太さん(以下、溝渕):「個別指導塾Link」は大分県大分市にある、「完全」個別指導を特徴とする学習塾です。

最近は個別指導塾を名乗る学習塾が多く存在しますが、その多くは担任制ではなく生徒に固定の講師が付かなかったり、1対3以上の巡回型だったりするところが多いのが実情です。

これに対して当塾は、完全担任制かつ1対2までの個別指導である点を特徴としています。

完全担任制のメリットは生徒により強い自信を持ってもらえる点です。

担任制でない場合、生徒を指導する講師が変わる可能性があるため、生徒の日々の変化をしっかりと見ることができません。

完全担任制ならノートの取り方や計算式の書き方、英単語の量、語彙力といった小さな成長を見逃すことなくチェックすることができます。

そのような日々の小さな成長を生徒や保護者に伝えることにより、生徒の生徒の努力をしっかり認め、より強い自信を付けてもらえるのが完全担任制を採用した理由です。

また、1対2までの指導はきめ細かい指導ができる点がメリットといえます。

巡回型と異なり、生徒の横にずっとつきっきりになることで回答だけでなく、問題を解く過程まで細かくチェックすることが可能です。

たとえばアルファベットの書き方がおかしかったり、数学のノートの取り方を工夫したほうが良かったり、そういった最終的な答え以外の改善ポイントを指摘することで総合的な学力向上につながるでしょう。

また、先生がつきっきりなので質問もしやすいですし、手が止まっていればすぐに声かけができます。

塾だけでなく、家庭や学校での学習状況も改善できるのが当塾の特徴です。

残念ながら生徒がいくら塾での勉強だけ頑張っても成績が上がにくいです。家庭や学校での学習も重要です。

そこで個別指導塾Linkでは、完全担任制かつ1対2までの個別指導であるメリットを活かし、生徒との会話のなかで家庭や学校での様子を聞き取っています。

そして、コミュニケーションのなかで家庭や学校での学習についても改善できるよう指導しているのです。

塾での授業をうまく家庭や学校に介入させ、成績向上につなげるのが理想ですね。

保護者のケアにも力を入れており、保護者とは年3回以上の教育相談をおこなったり、「Link Time」と呼ばれる担任と塾長、ときには子どもも交えた作戦会議もおこなったりしています。

子どもの学力向上には保護者の愛情と理解が欠かせないと考えているため、手厚い保護者ケアは必要不可欠といえるでしょう。

これ以外にももちろん、入塾後に保護者から子どもの様子を聞きたいという希望があればいつでも面談を受け付けていますよ。

ーコミュニケーションが苦手な生徒に対するケアはどのようにしているのでしょうか。

溝渕:当塾では、自己主張が苦手だったりコミュニケーションが苦手だったりする生徒のケアもしっかりおこなっています

一番大事なのは生徒に共感することだと考えており、たとえば生徒が苦手なことに対して頭ごなしに否定するのではなく、苦手だということをしっかりと承認した上で少しずつ成功体験を積み重ねていくように心がけているのです。

また、講師からだけではなく保護者からしっかりと褒められることも重要だと考えています。

当塾では毎回、講師が直筆で授業の報告書を保護者に渡しており、このなかで子どもが成長した点や褒めてほしい点を記載し、積極的に生徒を褒めるように促しています。

反抗期などはなかなか素直に感情を表現できないですが、やはり保護者に褒めてもらうと子どもはうれしいものです。

授業形式が1対2の完全担任制のため講師の数が非常に多く、それを活かして生徒一人ひとりに最適な担任を割り当てるようにしているのもケアの一環といえます。

割り当てはまず、入塾前に私が直接カウンセリングをおこない、その子どもが得意な人間のタイプや苦手な人間のタイプの傾向を引き出します。

たとえば自己主張が苦手であれば穏やかな講師が良いですし、熱血指導を求めているなら熱い講師が良いでしょう。

カウンセリングは3者面談でおこなうのですが、保護者と子どもの関係にも注意を払います。

ものすごい反抗期の子どももいれば、子どもを遮って話をしてくる保護者の方などさまざまな家庭がありますので、それぞれの性格を把握した上で応対し、両者の考えを聞くことが重要です。

講師の採用だけでなく育成にも注力

パーテーションで区切られた指導風景

ー採用されている講師や人気のコースについて教えてください。

溝渕:個別指導 Linkは講師の採用はもちろん、講師の研修や育成にもかなり力を入れています

個別指導は講師の人数が多く必要な分、講師の質にばらつきが生まれがちです。個別指導 Linkでは元教員など質の高い人材を揃え、かつ育成にも力を入れているので講師の質の高さには自信があります。

特に国語、数学、英語は人気が高いです。なかでも最近大学入学共通テストへの移行や指導要領の改訂によってしっかりと指導できる塾が少ない国語は人気ですね。

また、「スペシャル講座」と名付けた巡回型個別指導も人気です。これは理科、社会、英単語など、とにかく暗記が必要とされる教科の内容をひたすら覚えてはテストするというもので、人気だけでなく結果も出ています。

ー生徒がわからないところを塾の時間以外に質問することはできますか。

溝渕:自習室が無料開放されており、私が巡回しているため、質問はいつでも受け付けています

自習室は小中学生エリアと高校生に分かれて用意しており、いつ来ていつ帰っても良いというシステムです。このため、わからないところがあれば自習室に来て聞いてもらうのが良いですね。

自習室は生徒からの人気も高いですよ。

夏にお得な入会キャンペーンを予定

生徒たちの自習風景

ー料金について教えてください。

 溝渕:料金は学年と指導形態によって変わり、以下のようになっています(すべて税込)。

学年 個別指導1:2(週1回) 個別指導1:2(週2回) 個別巡回型(週2回)
小学1年生〜4年生 7,469円 14,938円
小学5年生 9,958円 19,918円
小学6年生 10,365円 20,731円
中学1年生 14,253円 24,237円 16,500円
中学2年生 14,253円 24,237円 17,050円
中学3年生 14,724円 25,179円 17,600円
高校1年生 15,653円 27,566円
高校2年生 16,623円 29,447円
高校3年生 17,582円 31,365円

※料金はすべて税込表記


ー今後のキャンペーンや無料体験の予定があれば教えてください。


溝渕:夏に入会金無料と個別指導4回無料のキャンペーンを予定しています。お得に入塾できるチャンスですのでぜひご利用ください。

また、無料体験授業に関しては随時おこなっていますし、教室見学や進路指導も無料です。

これらを希望される方はお気軽にお問い合わせください。

子どもと家庭で同じ方向を目指してほしい

自習風景が分かる画像

ー最後に読者の方へメッセージをお願いします。

溝渕:子どもの将来にとって重要なのは、子どもと家庭で将来に向けたベクトルを合わせ、同じ方向を向くことです。

中学受験、高校受験、大学受験といった受験は子どもにとって大きな壁なのですが、それらの壁を子どもの力だけで越えるのは難しいですし、家庭だけが頑張っても越えることはできません。

子どもと家庭が一緒になって始めて乗り越えることができるものですし、乗り越えられればその後の人生にとって大きな糧となるでしょう。

また、子どもにより良い人生を送ってもらうために今何をすべきか、どういう接し方をすべきかわからない保護者の方も多いかと思います。

これまでに培ってきた経験を活かしてアドバイスできると思いますので、一人で悩まずにご連絡ください。

―本日は貴重なお話をありがとうございました。

■ 取材協力:個別指導塾Link